自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2019 10月

2019年10月

コーヒーセレモニー

2019年10月24日 

今日は朝から東京へ。

皆さんご存知の通り、コーヒー発祥の地と言えばエチオピア。

そのエチオピアでは、伝統的にお客をもてなすための「コーヒーセレモニー」ということが催されており、その作法などは母から娘へと代々受け継がれている。

私も、これまで本や映像では見たことがあったが、実際に体験したことはなかったので、一度は見てみたいと思っていたところ、ヴェルディのブラジル豆を仕入れさせて頂いているセラード珈琲さんが、エチオピアの産地セミナーと同時にコーヒーセレモニーも実演するということだったので行ってみた。

 

まずは、生豆を洗ってからフライパンで焼き始める。

途中で豆を攪拌しつつ、フライパンを揺り動かす。

パチパチとハゼの音がはじまり、煙が出始めたら、こまめに豆を攪拌。

焙煎度合いとしては、イタリアンローストくらい、かなり黒くなるまで煎り上げる。

豆が煎り上ると同時に、乳香が焚かれて最初はコーヒーが焙煎される香り、それが終わったら、乳香の香りで客の鼻孔をくすぐるのがこのセレモニーの特徴とのこと。

そうこうしている間に、煎り上った豆の温度が下がったら、「ムカチャ」と言われるすり鉢で豆をすり潰す。

上から見たら、こんな感じ。

私もさせて頂いたが、けっこう時間がかかる。

細かくすりつぶしたら、ポットに入れて火にかける。

煮だし終えたら、粉が沈殿するまで少し待ってカップに注がれる。

皆に配られて出来上がり。

この小さなカップで供されるが、中国茶のように何度か刺し湯をして、だいたい3番だしくらいまで飲まれるそう。

まずはブラックで飲むのだが、エチオピアではハーブを浸して香りをつけて飲むことも多いそうである。

これが、そのハーブで「テナ・アダム」と言うそうである。

意味は、アダムの元気ということで、アダムとは旧約聖書において神が最初に作った人間、アダムとイブのアダムを指すとのこと。

香りは、ココナツのような甘い香りで、これをコーヒーに浸して飲んだら、ハワイのライオンコーヒーのような甘い香りがする。

エチオピアでは、このハーブが大人気で、料理に使ったりヨーグルトに入れたり、コーヒーに浸す意外にもよく使われるらしい。

2番茶ならぬ、2番煎じのコーヒーにはエチオピアの岩塩を入れて供された。

岩塩の塊が入った器にコーヒーを入れ、少し溶けたところでカップに注ぐという形。

苦みが穏やかになり、ちょっとスープを飲んでいるような感じ。

煎りはじめから、2番コーヒーを頂くまで概ね1時間少々かかったが、エチオピアでは3番煎じへと進み、ゆっくりと珈琲を楽しむそうである。

コーヒーを頂きながら、穀物を煎ったものも供された。

香ばしくてなかなか美味しかった。

この後、エチオピアのカレー=カイウヮットを皆で頂いたのだが、そちらについてはまたこんど。

初めてコーヒーセレモニーを体験したが、なかなか楽しいひと時であった。

食欲の秋

2019年10月23日 

金木犀が満開です。

春先の沈丁花・秋口の金木犀、季節の移ろいを感じさせる花々です。

夏の梔子とあわせて三大香木なんだそうです。

金木犀を見ると雲丹が食べたくなります。

散りゆく様子にはカラスミを連想します。

食欲の秋ですね。

お店の寄せ植えも秋仕様に変わりました。
桔梗・コスモス・りんどう、とても可憐です。

店内にはカボチャを飾りました。

今年の10月はいつになく激動で、なかなかハロウィンにまで意識が及ばず…
半ばを過ぎてようやく登場したカボチャたちです。

今週末には時代祭が行われます。
即位礼正殿の儀と同日だったため26日に変更されました。

交通規制がかかりますので、お出かけの際はお気をつけくださいね。

本日最後のお客様はテラス席にて…

お散歩途中に寄ってくださいました。
近くまで来ると、ワンちゃんがヴェルディに向かってくれるのだそうです。
嬉しい限りです。

いい気候になりましたね。

明日も皆様のご来店をお待ちいたしております。

土田

セミナー

2019年10月22日 

日記に書いてしまったのを少し後悔しているのだが、このところ多くの方から「腰だいじょうぶ?」とご心配頂き申し訳ない思い。

おかげさまで、腰が痛いのにも慣れて、なんとか危険を回避する術を身に着けたような気がする。。

で、本当は明日の火曜日、造形が定休日なので下鴨のシフトに入ろうかと思っていたものの、昨日はノートルダムのバザーで、今日はホールのアルバイトが全くいないというシフトだったため少し無理をしたこともあり、このまま明日も仕事をしたら、明後日以降が心配なので、明日は一日安静にして明後日からまた頑張ることにしよう。

と思っている。

皆様にはご心配おかけして申し訳ありません。

 

そんな人手不足だった今日は、「もしかして、何かすごい発行部数の雑誌にでも掲載された?」と思うほど、11時のランチタイムスタートから「ヴェルディのカリープレート」が絶好調で、ランチの前半はカリープレートばかりお出ししていたような気がする。

12時を回ったところからは、一期一会カリーのご注文も多くなり、1時を待たずにこちらは売切れ。

明後日からの一期一会カリーは、「秋の野菜カリー」ということで、3週連続で全く雰囲気の違う野菜カリーをお楽しみ頂くことになる。

こちらもご期待くださいませ。

 

そして、ヴェルディは本来カレー屋ではなく珈琲屋。

と言うことで、今月後半からはコーヒーセミナーを積極的に開催しようということで、造形芸大店のLINE公式アカウントでお友だちになって下さっている方にご案内を出している。

今日は3種類のメーカーが違うドリッパーで抽出した珈琲の飲み比べを10月23日(水)の17:30~と26日(土)の10:30~開催する旨ご案内したところ、午前中からお問い合わせの電話が次々入り、23日は残り1名、26日も検討中の方が多く、皆様の珈琲に対する関心の高さがうかがい知れる。

現在、造形芸大店のセミナーページは今月からリニューアルしたセミナー用に仕様変更をしようとしているので、詳細を知りたい方は こちら をご覧くださいませ。

皆様のご参加、お待ちしております。

昨年に引き続き

2019年10月20日 

今朝もウォーキングはお休み。

以前、出張やら悪天候やらで1週間ほどウォーキングができなかったとき、毎朝すれ違いざまに挨拶を交わしている奥さんたちから「元気やった?久しぶりやねぇ」と言われたことがある。そろそろ「さいきん、あのヒゲのおっさん見ないなぁ」と言っているかもしれない。

私としても、朝歩かないと、なんとなく体が重く感じる。

早く腰、よくなったらいいなぁ・・・

 

さて、今日は昨年に引き続き、ノートルダム学院小学校のバザーに呼ばれて出店させて頂いた。

今年も造形芸大店の太田と二人で珈琲の抽出を担当。

昨年は、カフェをお手伝いして下さる父母の方が少なかったこともあり、けっこうバタバタしていたが、今年はチケット販売の方を含めて7名の父母の方々がお手伝い下さったこともあり、450杯ほど販売させて頂けた。

さて、バザーは10時にスタートしたが、だいたいディズニーリゾートへ行って、一番最初に飲物を買いに走る人なんてめったにいないもの(季節限定のスーベニアとかであれば別だが)ほとんどの人が、ソアリンかトイマニ、あるいは季節限定のショーの場所取りに走るはず。

そんなわけで、立ち上がりはけっこう暇なカフェコーナー。

つい、あそこはどうなんだろう?とみてみたら・・・

 

トイ・ストーリーマニア!は180分、ソアリン:ファンタスティックフライトは300分

ソアリンは今から並んで、乗れるのは午後3時20分、バザーが終わるころか・・・と思いながらピークにむけた準備を進めた。

 

昨年はどうなることか全く想像ができなかったので、完全に予想で豆や副資材を持って行ったのだが、今年は昨年のデータがあったので、だいたい昨年の出数に準じた量を用意したものの、途中でいろいろと切れてしまい、もっと強気で用意すればよかったと反省。

今後、こういうイベントに呼んでいただけたら、余らせても足りないということはないように準備しよう。

 

スローペースでスタートしたカフェコーナーだったが、やはりお昼ごろには多くのお客様がお越し下さり、珈琲を淹れていない時間がなくなってきた。

そんなピークタイムでも、一瞬引くときがある。

なので、その瞬間を見逃さず、どうなっているのか確かめてみたら・・・

12時20分ごろでも、まだ300分待ちってことは、今から並んで乗れるのはヴェルディがオーダーストップすることってことになる。

やはり、こんど行ったときは、朝一でソアリンスタンバイでトイマニのFPだな。

なんて考えていたら、コーヒーのご注文が次々入ってきて、そのあとはもうチェックする余裕なく時間が過ぎていった。

そうこうしている間に、ノートルダム女子高生によるハンドベルやオーケストラの演奏、父母の方々のコーラスなどのイベントが行われていく。

そして、体育館の特設ステージが最高の盛り上がりを見せたのは先生方による軽音楽演奏。

このころには、皆さん「聞くモード」になっているので、カフェの方も余裕が出てきて、太田も手を止めてみていた。

軽音楽が終わると、バザーもそろそろお開きの時間。

私たちも急ぎ撤収して店に戻ったら、昨年もそうだったが、やはり今年も店の方は大にぎわいだった様子。

コーヒーマシンや持って行った備品を洗って片付けていたら「わぁ、きれい!」と太田が言うものだから外を見たら・・・

西の空はきれいだった。

 

そんなわけで、来年は呼んで頂けるかどうか分からないが、今年も楽しくお仕事をさせて頂いた。

お声をかけてくださったお母さま、カフェコーナーをお手伝い下さった父母の方々に感謝すると同時に、これだけ大掛かりなイベントをしっかりと運営されている姿を拝見していると、本当にすごいと感心してしまう。

いろいろと学ばせて頂いた一日であった。

アルゴビバイガンマサラ

2019年10月18日 

昨日の日記を読んだ方から多数(と言いたいが、実は少数)ご心配のお言葉を頂き、ついネタがなかったので書いてしまいご心配おかけして申し訳ありませんでした。

おかげさまで、湿布と痛み止めとコルセットで今日も一日乗り切れました。

が、明後日の日曜日はノートルダム学院小学校のバザーに出店を依頼されており、朝から造形芸大店の太田と二人で珈琲の抽出をしに行くのですが、慣れない場所で大丈夫か?と、私ではなく同行する太田が心配しております。

まぁ、そこはアドレナリンで乗り切ろうと思っております。

 

と、慣れない敬語で日記を書き始めてしまったら、なんとなくうまく文章をまとめられないので、いつも通りの調子で行くことにする。

そんなわけで、今日もだましだまし仕事をしていたが、経営の部分はともかくとして、日々の作業の中でも私以外の者はできないことがいくつかあって、そんな中の一つが「一期一会カリー作り」。

本当は一昨日から販売を開始していたのだが、まだご紹介していなかったので本日は現在販売中の一期一会カリーについて。

なんだかバタバタしていて、今回も創作系カリーを考える余裕がなかったので、私が今最も食べたいカリーは何だろう?と考えたら、頭の中に「アルゴビバイガンマサラ」という言葉が流れて言ったので、それを作ることにした。

ただ、この北インドを代表する野菜カリーを作るには、おびただしい量の玉ねぎをみじん切りすることと、かなりじっくりと玉ねぎを炒める必要があるので、まずは玉ねぎ10キロのみじん切りからスタート。

午後の時間をまるまる使ってなんとかベースマサラを仕込んだ。

このカリーは少し辛めの方が美味しいので、いつもけっこう辛さを抑制して作っている一期一会カリーだが今回は若干辛め。

先週は南インドの野菜カリーだったが、今回は北インドの野菜カリー。

同じ野菜カリーでも全く違うのだが、今回もご好評いただき連日売り切れになっているので、お召し上がり下さる方はお早めにご来店下さいませ。

さて、話は全く変わって、先日久しぶりに塩鯛師匠の落語会を聞きに行った折、つい師匠に「こんどは造形で高座に上がって下さい」とお願いしたら「遠慮なく声をかけて」と言われたので、有難く遠慮なくお願いしたらとんとん拍子に話が進み、来年1月の18日(土)に造形芸大店で落語会を開催することになった。

ご出演は、桂 塩鯛師匠がお弟子さんお一人を連れてお越し下さるとのことで、急ぎいろいろと決めて行こうと思っている。

そんなわけで、2013年をもって一時休止していたヴェルディ笑劇場は2020年1月18日に造形芸大に舞台を移して復活いたします。

詳細は近日中に発表予定。

よろしければ予定を空けてお待ちくださいませ。

やってしまった・・・

2019年10月17日 

一昨日、自宅マンションのインターホン交換工事があったので、業者さんが工事をしやすいようにと部屋の中の家具などを移動していたとき、腰に違和感を覚えたのだが、それが昨日はどんどん悪化してきて、結局夕方には医者へいくはめになってしまった。

もうそのころには、ズボンをぬぐのにも一苦労するくらい、少し前かがみになったら腰に電流が走るような感じ。

レントゲンをとってもらったが、骨には異状なく、患部の場所的に、あまり筋肉系とも思えないので、もしかしたらヘルニアかもしれないということで、とりあえずしばらく湿布と痛み止めで様子を見て、1週間たっても痛みが引かなかったらMRIだな、と言われてしまった。

そんなわけで、今朝はウォーキングどころではなく、とりあえずコルセットをして店に出てみた。

コルセットをして働きながら、思い出したのは「風と共に去りぬ」のワンシーン。

メイドさんにコルセットをギューギュー締められて文句を言っているビビアンリー。

昔の女性は、こんなお腹が苦しくなるものをしていたのだということが少しわかった。

 

さて、前置きが長くなったが、そんなわけで今日はけっこうおっかなびっくり仕事をしていたのだが、やはり湿布をしても、少し変な動きをしたら腰に電流が走る。

痛み止めとコルセットのおかげで何とか立って仕事はできるのだが、珈琲や料理を運びつつ、テーブルの横を歩いているときに、いきなりお客様が立ち上がったり、会話に夢中になって大きなジェスチャーをされたその手が当たりそうになったり、それをよけるために腰をひねったとたん、思わず悲鳴を上げてトレーを落としそうになるからけっこう怖い。

普段だったら難なくよけられるのに、やはりホールの仕事は腰を痛めると大変である。

 

そんな状態なので、昨夜も寝返りを打つたびに痛みで目が覚める。

夜中に何度か目を覚まし、そのあといったん寝るものの、4時過ぎに腰の痛みで目が覚めたあとは、結局寝られずに朝を迎えてしまった。

そんなとき、ついいろいろと考えてしまう。

仕事のことで、最近一番気を使わなくてはならないのが「現金がない」ということ。

「売上がない」のではなく「現金がない」のである。

増税に伴い、国が主導してキャッシュレスを推し進めていることもあり、これまでは売り上げに占めるクレジットの割合は5%程度だったのに、このところそれが20%近くになってきている。

クレジット清算の場合、売り上げはあるものの現金が入ってくるのは1か月以上後になるので、例えば売り上げの20%がクレジット決済の場合、10万円の売り上げがあっても、現金は8万円しか手元にないということになる。

しかも、手数料が引かれて振り込まれるので、当然売り上げ高よりも入ってくる現金は少なくなるわけで、今のところ増税後も税込み価格を据え置きで営業しているが、これ以上クレジット売り上げの比率が上がったら、値上げをしなくてはならなくなる。

当然、それは Verdi に限ったことではないので、今後キャッシュレスが進めば進むほど、世の中はインフレ傾向に振れてくることだろう。

 

ただ、それはある意味政府が望んでいることなわけで、デフレ傾向から強制的にインフレの方向へ転換すると同時に、キャッシュレスが進むと脱税ができなくなるわけなので、政府と言うか税務署としては100%キャッシュレスになれば、これほど楽なことはないだろう。

そのうち、政府はクレジット会社に個人の利用履歴の開示を無条件で求められるような法律をしれーっと通してしまい、国民の物品購入行動を全て掌握できるようになってしまうのかもしれない。

そして、それを住基番号と連動させ、個人の金の流れから行動範囲の特定や購入履歴から趣味趣向まで紐づけてしまえるようになることを前提としてキャッシュレス化に伴うキャッシュバックを推し進めているなら、5%の還元なんてお安い投資なのかもしれない。

 

でも、それだけで国民の行動監視を終えるはずはなく、そこまで行けば、そのうち車のナンバープレートにGPSのチップか何かを埋め込み、路上カメラでナンバーを追跡するなんて面倒なことをする必要もなく、GPSで全ての車がいつどこを走っていたかを掌握できるようになってしまうのではないだろうか。

そうすれば、ひき逃げ事件なんてものはなくなるのだが、よくよく考えれば恐ろしいことである。

いや、もしかしたら、もう国家は個人の携帯電話の位置情報を無条件で吸い上げられるような状況にあるのかもしれない。

まぁ、そうなったら、犯罪の検挙率は飛躍的に上昇するだろうし、それが犯罪の抑制にもつながるのだから、安全性の向上には役立つかもしれないが、それはこの国に個人のプライバシーなんて存在しなくなるということにつながる。

 

でも、まだまだ世の中を震撼させた事件の犯人が捕まっていないということもあるので、そこまでの管理国家にはなっていないのかもしれない。

とは言え、そう遠くない日に、知らないうちに私たちのプライベートは全て国に知られていることになるのだろうという、ある種確信にも近い無力感と絶望感を持ってしまう。

なんて考えていたら、もう寝られなくなってしまった。

まぁ、腰が痛いためについ考え方がネガティブになって、ありなしごとを考えているだけかもしれないけど・・・

以上、本日は単なるたわごとでした。

長々とすみません。

このページの先頭へ