自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 久しぶりにインド料理!

久しぶりにインド料理!

2020年7月19日 

スカッと晴れた朝!

朝から暑かったですねぇ・・・

出町の飛び石カメさんも、すっかり姿を現した。

ふと見ると、セミの抜け殻もあったりして、もうすっかり夏です。

しかし、雨の日もお客様の足は湿りがちだが、真夏の暑さもお客様の外出意欲をそぐというもの。

開店から12時台まで、けっこう静かな芸大店だったので、暑いとダメかと思っていたら、遅めのお昼から多くのお客様がお越しくださって、いっときは数組ウエイティングがかかる状態になってしまった。

とは言え、席数を半分に減らしているので、お客様の数としては以前の半分以上にはなりえない。

早く薬ができて、みんな心置きなく外に出られるようになったらいいですねぇ。

さて、今日もノルマの1日10キロウォーキング。

いつもなら、日が暮れた後に歩きはじめるのだが、今日はちょっと早めに出発して、まだ明るさが残っているうちに四条を通過。

日曜の夕方、鴨川沿いも四条通りもかなり人が多かった。

で、いつも通り五条まで歩いて再び北上。

通常ならそのまま帰宅するところ、最近お外マサラをしていないなぁ、と感じていたので、久しぶりにインド料理を食べに行った。

帰り道の途中にある インド料理 ムガールさん。

私が自分で作ったもの以外のインドカレーを食べるのは、もしかすると3~4か月ぶりかもしれない。

それだけに、絶対後悔しない店に行きたかったので、今日はベストチョイスだと思った。

まずはシーフードラッサム。

ラッサムはいろんな種類があるし、多くの店で食べたが、個人的にムガールさんのシーフードラッサムは今まで頂いたラッサムの中で、私の嗜好におけるベスト3に入ると思う。

今日はこれを食べようと決めていた「マトンのキーマ マタル」と「ジーラ(クミン)ライス」

ヴェルディで出しているキーマカリーは、同じマトンキーマでも基本は南インド風だが、ちょっと東インドの要素も取り入れたもの。

ニゲラが入っていないパンチフォロン(ベンガル系インド料理におけるオーソドックスなミックススパイス)の香りがするココナツ風味のカリー。

ムガールさんのキーママタルは、しっかりとした北インド風。

個人的には南インドのカリーが好きだが、こういうバシッとキマッた北インドのカリーも無性に食べたくなることがある。

「よかったら混ぜて食べて」とタマネギとパクチーのみじん切りを出してくださった。

コレ、マトンキーマに混ぜると激旨になる。

生タマネギ侮るなかれ。

チャイでご馳走様。

久しぶりのインド料理、やはりプロが作る本物の味はいいですねぇ。

今日は、美味しいインド料理も食べられたし、トラさんチームも連勝で借金返済、3位浮上といいことづくめ。

オーナーの平田さん曰く、この前インドへ行ったとき、チキンムグライ発祥のお店で食べて、レシピを変更したという「チキンムグライ」と、ロンドンへ行ってあちらのNo.1インド料理店でインスピレーションを得たという「ブナ ゴーシュ」(ゴーシュ=4本足の肉≒ラムorマトン)も食べに来なくては。

また、ウォーキングの帰りにお邪魔します。

このページの先頭へ