自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2018 7月

2018年07月

久しぶりに華祥さん

2018年7月11日 

昨夜は、ついテニスを見てしまったので、今朝はちょっとゆっくりと寝たため朝のウォーキングはサボり。

私がテレビ観戦するスポーツと言えば野球かテニス。

一応学生時代はテニス部にいたので・・・

当時のテニスと言えば、ボルグ、コナーズ、マッケンローが御三家だったが、ウインブルドンに関していえば、ボルグに敵なし状態で、彼が使っていたドネーのラケットが流行っていたことを記憶している。

でも、その当時は日本人が世界ランクの上位にいるなんて想像もできないことだったので、錦織選手の活躍は本当にうれしくて、ある意味毎年最下位だったタイガースが星野監督時代になって優勝争いするのが当たり前になった当時の嬉しさに近いものがあるかもしれない。

 

さて、話は変わって、先日早めに仕事が終わった夜、カミさんと造形から自宅へ車で戻りつつ、ふと見ると華祥さんの前に行列ができていなかったので、久しぶりに行ってみた。

くらげ、ピータン、鶏の和え物

春雨と牛肉の辛子入り煮込み

卵白あんかけ炒飯

久しぶりに伺ったが、一口食べると懐かしい味で百万遍時代に毎日のように通っていたころを思い出す。

最近、中華を食べるとなったら七福家さんが多かったが、こうしてたまに食べると、やはり華祥さんの懐かしい味もいいものだなぁと。

こんどは、冷麺を食べに来よう。

 

で、今夜のBGMはこれ。

マーラー 大地の歌 カルロス・クライバー / ウィーン交響楽団 / クリスタ・ルードヴィヒ(ソプラノ) / ヴァルデマール・クメント(テノール)

私の愛聴盤は、ド定番ではあるがワルター/ウィーンフィル/フェリアー/パツァーク盤で、他にもバーンスタインのデッカ盤、グラムフォン盤両方を持っているが、これは30歳前後のころに六本木にあった輸入盤のお店で見つけて即買いしたレア盤。

録音は1967年で、この年ウィーンで大々的にマーラーが取り上げられていた時に、ベームやクーベリック、バーンスタイン、マゼールらに混ざって、何かの間違いで?若きカルロスがウィーン交響楽団を振ったライヴの録音だそうである。

カルロスだと言われて聞けば、「らしさ」の片鱗が伺えるレベルの録音だが、バーンスタインのような感情の起伏が前面に出ていない、むしろ随分と気持ちを律しながら奏でられているが、音そのものは若々しいオケの旋律に、オペラ歌手の表現力でクメントが大袈裟なほど感情豊かに歌いあげているのが面白い。

ところで、明日から今週は概ね下鴨本店に私はおります。

よろしければお運びくださいませ。

セーフ?

2018年7月10日 

今朝はスカッと晴れて日が当たっているところを歩くと暑さが感じられたが、日陰の風はむしろ涼しささえ覚える、鴨川の土手の一本道でも場所によって全く違うのが面白かった。

水位もずいぶん下がり、流れる水の色もだんだん澄んできた。

↑ 昨日

今朝 ↓

 

さて、このところずっと見ていたアメリカのサスペンスドラマ「ブラックリスト」だが、昨日でシーズン1を見終えた。

ただ、BSで放送していると気付いた時点で、すでにエピソード5だったので、第1話~第4話だけ見ていない。

その部分は、こんど土田から借りることにして、とりあえず見終わってしまったので、ふと生で放送されていた別のサスペンスドラマを見ていたら、すごい発明をした科学者が、ロシアの女スパイにハニートラップを仕掛けられ、研究データを盗まれるところが流れてきた。

なかなか熱いキスをしている科学者と女スパイ、すると突然科学者が女スパイを突き返し「私には愛する女房がいるから浮気はできない」と言う。

すると、女スパイが「そう、残念だったわね」とピストルでズドン。

「私と楽しんでいれば命までは落とさなくてすんだのに」と死につつある科学者に言葉を放ちながら、パソコンにUSBを突っ込んでデータを抜きとり、口紅をぬりなおして部屋を出て行った。

そのシーンを見ながら、奥さんへの愛を貫いて殺されるなんて・・・と一瞬思ったものの、その前の時点で十分誘惑に負けててアカンやないか!とも思ってみたり・・・

話は全く変わるが、うちの娘たちは、北山の ザ バーガーカンパニー さんのハンバーガーが大好き。

私が一人で行ってハンバーガーでも食べようものなら「ずるい」の大合唱になってしまうから、うかつにバーカンへ行ったなんて言えない。

でも、先日何気なく車で走っていて、おなかが空いたので何か食べようかな、と思ったとき、ちょうど東洋亭さんの横にいたので、そのまま北上してバーガーカンパニーさんに入ってしまった。

が、ここでハンバーガーを食べたら、娘たちに申し訳ない。

と、思ってハンバーガーは我慢して、「コブサラダ」を食べてみた。

これが、想像以上にボリュームもあり、なかなか美味しい!

ランチなら、これで十分だなと思った。

 

で、前出のサスペンスドラマ。

殺されたあわれな科学者的にいえば、熱いキスまでは浮気ではなくてセーフ。

私の場合、バーガーカンパニーへ行っても、ハンバーガーを食べなければ娘たちへの義理立てという面ではセーフ。

ということにしておこう、と、アメリカのサスペンスドラマを見ながら思っていたのであった。

 

話は全く変わって、今日の日記を書きながら聞いていたのはこの1枚。

ブルックナー交響曲第7番 フルトヴェングラー / ベルリンフィル 1949年10月録音盤

ブルックナーの7番は、他にオイゲン・ヨッフムとギュンター・ヴァントで持っているが、フルヴェン盤がある意味最も淡々とハイテンポで演奏されているように感じる.

一方でよけいなぜい肉をそぎ落として言いたいことだけをしっかり伝えているようにも思える。

日記を書きながら聞くのに、あまりブルックナーは適していないように感じていたが、この演奏はキーボードの運びをなめらかにしてくれた。

それではまた明日。

雨上がり

2018年7月8日 

今回の雨は、ともかく長かった。

昨日も、朝の時点ではさして降っていなかったので鴨川へ出てみたが、川の上はすごく霧が出ていて、ある意味幻想的であった。

昨日は霧の中のウォーキングだったが、今朝はやっと好天の中鴨川を歩けた。

水たまりに映った青空がまぶしい

今日は多くの人が鴨川に出ていた。

この雨が起因する事故で亡くなられた方もいらっしゃるし、土砂災害に限って言えば雨が上がったからと言って安全とは言い難いところもあるが、私の身の回りでは全く被害はなく、感覚的にはいつもより長く続いた雨というイメージだった。

しかしこれだけニュースなどで取り上げられると、やはり皆さん外出は避けるもの。

そういう意味で、最も大きな被害はこの雨の期間中、落ち込んでしまった営業成績面だろうか。

後半は、祇園祭で皆さん四条方面へ行ってしまうため、例年宵々山~山鉾巡行の期間は閑古鳥のさえずりを聞きながら過ごすことになる。

長閑と言えば聞こえは良いが、営業的には激しい方が嬉しいもの。

激しいと言えば、下鴨店の店長土田は、なかなか激しいドラマが好きで、結構前から「ブラックリスト」というアメリカのドラマが面白いと言っていた。

私も見てみたいと思いつつ、ビデオを借りてまでという感じだったのだが、BSの無料放送 D Life でこのブラックリストを放送していたので見始めたら、私もけっこうハマってしまった。

やはり、映画と営業は激しい方がいいですねぇ・・・

豆を見つめる

2018年7月6日 

昨日は一日中警報メールが届き続けていた。

今日も、ちょくちょくあの着信音が鳴り響くものの、昨日ほどではなかった。

で、当然今朝もウォーキングはお休み。

しかし、夕方からは雨も小降りになってきたので、明日あたりは避難勧告が解除されたらいいなぁ、と。

鴨川は濁流になっていた。

さて、そんなわけで、今日は造形芸大が終日休講になり入構すらできなくなったので、造形芸大店は臨時休業。

でも、金曜日は食材納品の予定が多数あったので、店長の今西は店で事務作業をしながら納品の受け取り。

私も朝一で造形芸大店へ行って、その後本店へ。

午後からは珈琲豆の配達周りという一日であった。

そんな中、現在進行中の仕事が一つ。

この夏休み、造形芸大店では「親子コーヒー講座」というものを開催しようと思っているので、そのテキストを現在製作中。

そのテキスト用にいろいろと写真を用意しているのだが、そんな中の数枚、珈琲豆を撮ったものをちょっとご覧いただこうかと。

「コーヒー豆」と言っても、産地や品種によって形も大きさも違っている。

 

続いて欠点豆のポートレート

これは虫が食ってしまっている。

ちょっとカビが生えていたりして

虫食い+発酵の初期段階

随分発酵が進んでしまっている、この豆が一粒入るだけで、けっこう嫌な味がでてしまうから要注意。

もうミイラ状態

豆の劣化チャートといったところか。

これらはハンドピックで取り除いた豆だが、どれも「スペシャルティコーヒー」と言われる、カッピングスコアが80点を超えているもの、トレーサビリティーがしっかりしている農園産のもの。

たしかに、コモディティコーヒー(一般的な普及価格帯のコーヒー)と比べると、欠点豆の混入率はかなり低いが、それでも10キロもハンドピックをしたら何粒かは入っている。

例えば、10キロに3粒入っていたとしたら、10キロの豆を焙煎したら焙煎によって水分が飛ぶので、概ね8キロくらいになる。(今、流行りのものすごく酸っぱい極浅煎りだったら水分をあまり飛ばさないので9キロ以上か)

1杯あたり15グラムの豆を使うとしたら、170~180杯につき1杯は、こういったエグイ豆が混入しているということになる。

スペシャルティコーヒー専門店をうたっているお店の中には、良い豆を仕入れたら欠点豆はほとんど入っていないので、ハンドピックは必要ないと言うところも少なくないが、それはすなわち170~180杯に1杯程度なら、こういった腐っていたりカビが生えている豆が入ったものを飲ませても問題ないと言っているということになる。

料理店が「170~180人に一人くらいなら、腐った材料を使って料理を提供しても問題ない」なんて言ったら大変なことになるのに、珈琲業界ではそれが許されている不思議。

個人的には、ホラー映画よりもハンドピックをせずに焙煎している珈琲店の方が怖かったりするのだが、世の中そうでもないらしい。

話はかわって、明日の造形芸大店は、8時30分~15時の営業とさせて頂きます。

よろしければ、お運びくださいませ。

造形大店でも新発売!

2018年7月5日 

今日は朝から雨のためウォーキングは中止。

でも、しばらく雨が続くようだから体がなまりそうで怖い。

激しい雨が続いていることもあり、京都市内の特に左京区北部では土砂崩れなどの水害の恐れがあるということで、いろんな地域で避難勧告が発令されてている。

新しい地域(学区)に避難勧告が出るたび、店内はもちろん造形芸大の構内を歩いている人たちの携帯電話から緊急速報のけたたましい音が鳴る。

ちょうどスーパーへ買い物に行っていたスタッフ曰く、店内すごい音でした。とのこと。

大きな被害がでなければと思う。

 

さて、下鴨では新しいトーストが新発売となるが、造形芸大でも新しいメニューが登場。

『ドイツ製ソーセージのプレート』は、しっかり食べ応えのある2種類のソーセージとポテトにスープ、サラダとパンがついて850円。

珈琲屋が言うのもなんですが、やはり夏の暑い時は、こういうのを食べながらビールというのも良いのではないかと。

もちろんお食後にはぜひ珈琲を!

『ペッパービーフのご馳走サラダ』は、胡椒をたっぷりかけてグリルしたカットビーフにレモンのソースをからめたサラダ。

写真では分かりづらいかもしれませんが、ダブルカリープレートのお皿にのせているので、ボリュームも満点。

あまり重たいものは食べたくないけど、肉は食べたい!といったときにオススメの一皿。

お料理以外にも、暑くなってますます絶好調の『スノーラテ』や『スノーマンゴー』

お飲み物では、フレーバーソーダが現在売れ行き急上昇中です。

今のフレーバーは「メロン&ライチスカッシュ」

こちらも、ぜひお試しくださいませ。

そして、暑くなったら食べ物や飲み物以外でも欲するものが・・・

この映画、見に行きたいと思っているのだけど、誰もつきあってくれない。

仕方ないので、こんど仕事終わりにレイトショーで見に行くことにしよう。

7月10日スタートです!

2018年7月4日 

こんにちは、土田です。

今年の春に第1弾リニューアルをいたしましたモーニングメニューに、この夏さらに新しい一品が加わります。

7月10日(火)より、かねてより考案しておりましたチーズトーストが新登場です!

2種類のチーズをたっぷりのせて、アクセントにブラックペッパーを少々。
チーズの下に潜ませた、ほのかな隠し味もお楽しみいただければと思います。

モーニングのお時間帯は、コーヒーとセットで680円でのご提供でございます。
それ以降も、単品メニューとしてご注文いただけます。

ぜひともご賞味くださいませ!

温帯低気圧の影響により、各地で大雨の予報が出ております。
非常に蒸し暑い日が続いておりますので、体調崩されませぬようお気をつけください。

このページの先頭へ