自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2021 2月

2021年02月

芸大店もスイーツ!

2021年2月4日 

立春も過ぎて、少しずつ朝明るくなるのが早くなってきたような気がする。

まぁ、晴れているか曇っているかで随分明るさも違うけど・・・

.

さて、昨日下鴨店長 土田の日記を見ていたら、下鴨店のスイーツのことを書いていたが、芸大店もタルトを自家製にしてから飛躍的にご注文の数が増えた。

昨年まで、自家製スイーツと言えばクレームキャラメルだけだったので、私は毎日7時過ぎに店に来て、せっせとプリンを焼いていたのだが、他にも自家製スイーツが出てきたので、相対的にプリンの出数が落ち着いて、私もそんなに早く出勤しなくてよくなってきた。

そんなわけで、芸大店が自信をもっておすすめするスイーツたち。

まずは、ガトー オ ショコラ。

こちらは、少しあたためてから冷たいアングレーズソースとともに提供。

2種類のクーベルチュールをブレンドして、ほんのりビター、さりげなく酸味、単体だと甘さ控えめながら、アングレーズソースと合わせることで、まろやかな甘みが印象的な一皿に。

ミックスベリーのタルト

ラズベリーの爽やかな酸味と、ブルーベリーの爽やかな甘み、ブラックベリーの奥行きがある味わいをタルトの生地がふんわりとまとめる一番人気タルト。

木の実の塩タルト。

アーモンド、ヘーゼルナッツ、くるみをたっぷりのせて焼き上げたタルトは、ほんのり塩っ気が効いていて、コーヒーとの相性抜群。

コーヒーのために作った味わいと言っても過言ではない、ぜひお試しいただきたい一品。

そんな芸大店の自家製スイーツたち、各々相性が良いコーヒーはあるものの、どれと合わせても味わい深く楽しめるコーヒーとなると、そうたくさんはない。

で、今一番オススメなのが、本日より販売を開始した限定商品の「ヴィンテージバレルコーヒー」。

ブラジルはセラード地域のスペシャルティコーヒーをウイスキー樽に1か月寝かせて熟成させてから出荷したポストハーヴェストコーヒー。

ウイスキー樽で寝かせたと言っても、お酒の香りを前面に出すのではなく、あくまでヴェルディのコーヒーの特徴ともいえる「スッキリ感」は損なわず、クリアな口当たりの後から、ほんのりと香るウイスキーの甘み。

こちらの豆は、コーヒー通販のページからお求めいただけます。

極小量しか日本に入ってこなかったため、今回用意したものがなくなり次第販売は終了。

今日一日で、すでに私が仕入れた量の 1 / 3 が売れてしまった。

よろしければ、おためしくださいませ。

ヴィンテージバレルコーヒーについて詳しくは こちら から。

営業時間変更のお知らせ

2021年2月3日 

おはようございます。

下鴨本店は、本日より閉店時間を1時間繰り上げ、18時までの営業となります。

ご不便をおかけいたしますが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

さて、時はバレンタイン。

チョコレートは調達されましたか?

 

ヴェルディではガトーショコラをご用意しております。

しっとり濃厚なチョコレートとコーヒーの相性は抜群です。

タイムリーなスイーツセットで、ひとときお寛ぎください。

 

 

明日、2月4日木曜日からは新しいケーキが登場いたします。

ダークチェリーとチョコチップが散りばめられた、こちらもコーヒーによく合う一品です。

甘い生地の中にフワッと現れるチョコレートのビターな味わいをお楽しみください。

 

栗のタルトは、先週末をもって完売となりました。

たくさんのご注文ありがとうございました。

また来秋、お目にかかれたらと思います。

 

 

今日はずいぶん気温が下がるようです。

グラタンホットサンドイッチ、とろとろの自家製ベシャメルソースが寒い気候にぴったりです。

ぜひお召し上がり下さい。

 

それでは、本日もご来店お待ちいたしております!

土田裕子

久し振りの東京

2021年2月2日 

今日は朝一の新幹線で、久しぶりの東京。

コロナ禍ではあるが、仕事を前に進めるためには必要な出張もあるので、渦中火中の栗を拾う、とまで言ったら大げさだが、スケジュールを詰めて東京へ行ってきた。

まずは、腹ごしらえ。

池袋のベトナム料理店 サイゴン でランチ。

前菜の盛り合わせ

選べるメインは、「汁なしフォー」をチョイス。

実は、先週からちょっと胃腸の調子がよくなくて、私としたことがスパイスを控えている。

でも、やはり香りのある食事がしたい!ということで、刺激の強いスパイスではくハーブ薫るベトナム料理、でした。

で、ちょっと前になるが、婦人之友 という雑誌の2月号に掲載された「家でいれる美味しいコーヒー」というページに、写真提供と内容の監修をさせて頂いたのだが、このご時世だったので全てメールと電話でのやりとり。

せっかく東京へ行くことになったので、ご挨拶に立ち寄らせて頂いた。

実は、この婦人之友社という出版社は、1903年創業なので、もう120年近い歴史を持つ会社。

時代に左右されず、100年以上に渡り主義一貫した内容の雑誌を作り続けている希有な出版社だと思う。

社長(一番左の方)編集長(左から三番目の方)他皆さんと。

また機会があったら、ぜひお声がけください。

池袋を後に、銀座で一つ打ち合わせ。

その後、次の予定までに30分ほど時間が空いたので、銀座のカフェパウリスタで「森のコーヒー」と「ザッハ」を頂く。

昔ながらの味わい。

店を出て、新橋へ向かったのだが、ふと銀座の街(ほぼ新橋だけど)を見ると、これまでだと中国語ばかりが耳に入り、大勢の人で賑わっていた通りが、閑散としていて全く中国語が聞こえない。

なんか、これだと四条や河原町の方が人がおおいなぁ・・・・と思った。

で、とことこと新橋の先まで歩いて行って、コーヒー豆のサンプルをしこたま調達して、背負っているリュックの重量が肩にのしかかる中、最後の打ち合わせ。

いつもだったら、朝・昼・夜と東京の食べ物を試食して回るところ、今回はかなりタイトなスケジュールで動き回った。

早く、ゆっくり食事もしながら東京へ出張できるような世の中になってほしいものである。

鬼は外の次

2021年2月1日 

今日は夕方から雨の予報だったが、昼間は比較的晴れ間も見えて、風さえなければ寒さも和らいでいた感じ。

さて、明日は節分。

例年だと、自宅近所の吉田神社参道には多くの露店が並び、前に進むのが難しいほどの人出で賑わうのだが、今年はその参道、歩行者専用道路にはなっているが、露店はなく人もまばら。

この1年、季節の行事がほとんど全てなくなって、本当に季節感がない。

この時期、ヴェルディスタッフの中にも、百貨店の特設売り場でチョコレートを購入するのを楽しみにしている者がいるが、今年は大っぴらに「百貨店でチョコレート買ってきた」とは言いにくい雰囲気すら漂っている。

緊急事態宣言も延長と言うことだが、もう、どうせなら飲食店の営業時間短縮などという半端なことは言わず、スーパーと医療関係以外の全ての店舗は1か月営業を完全停止にして、その間にワクチン接種を進め、そこで完全にコロナを封じ込めるくらいのことをして、だらだらと生殺し状態を続けるのはやめてほしいと思ったり。

まぁ、無理だろうけど。

さて、1週間の期間限定で販売していた「恵方豆」も、大変ご好評いただき、予想以上に多くのご利用を頂いた。

コーヒー通販の方では、すでに品切れとなっているが、そうなると次は何を販売するか検討せねば。

と言うことで、水曜日か木曜日からは、こちらの販売を開始予定!

ブラジルはセラード産のコーヒーをウイスキー樽に寝かせて作られたロット。

その名も「ヴィンテージ バレル」。

某大手コーヒースタンドがいっとき販売して人気を博したものは、豆の段階でウイスキーの香りがぷんぷん漂うものだったが、ヴェルディではウイスキーの香りを前面にだすのではなく、ウイスキーのスモーキーな香りがほのかに薫るものの、クリアで軽い飲み口に、甘いアフターテイストが楽しめるものに仕上がっている。

ちょっとお値段高めにはなるが、緊急事態宣言で夜が早い昨今、真冬の夜長を読書しながら飲むには最適な風味ではないかと思う。

販売開始をしたら、またお知らせいたします。

楽しみにお待ちくださいませ。

このページの先頭へ