自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

まさかの

2016年6月20日 

今朝は、どんよりと曇った空をながめながら、昨日は雨天中止だったウォーキング。

風は、わりとひんやりしているのだが、何となく肌をぬめっとなめるような重たい空気。

湿度の高い朝であった。

IMG_3021 IMG_3022

.

さて、俗にいう「5 10日(ごとうび)」というのは、何かと用事があるもので、店は休みだが、経理関係の用事があったのと、明日は第三火曜日で定休日なので、一部間違って明日納品で配達依頼が入ったところに配達回り。

そんなわけで、朝からカミさんと店へ行ったのだが、用事がひと段落したところで、ランチをとりに出ることにした。

で、どこへ行こうかと迷ったが、もう午後1時半だったので、近所で確実に満足できるお店と思い、いつもの家庭的なイタリアン「アズーロ」さんへ伺った。

P1070946

今年初のガスパチョ!

これを頂くと、夏だなぁ、という感覚になる。

これから、いろんなお店のガスパチョを頂くことになるだろう。

パスタは、「イカスミ」と、「フジッリ、ズッキーニとバジルソース」をチョイス。

イカスミの濃厚な風味、バジルソースの華やかな香り、二皿のコントラストが際立っており、とても美味しく頂いた。

P1070947 P1070952

それにしても、やはりイカスミを食べると、ちょっと水で口をゆすいだ程度では、黒いあとが残ってしまう。

なので、これを食べられるのは、打ち合わせなどが入っていない定休日だけ。

P1070954

と、思っていたら、エスプレッソが出てきたところで電話が入り、けっこう重要な用事で人と会わねばならなくなってしまった。

鏡を見たら、まさかのお歯黒べったり・・・

分かってたら、他のもの食べたのに・・・

と言っても仕方ないので、コンビニで炭酸水を買って、まぁ、水よりはイカスミが落ちるかな?と安直な考えの元、炭酸水で口をゆすいで臨んでみた。

そんなこんなで、今日は定休日なので、基本私はお休み。

なので、これからMOVIXにレイトショー見に行ってきまーす。

IMG_3030

面白かったら、明日の日記で。

.

店名:TRATTORIA AZZURRO (アズーロ)
住所:京都市左京区一乗寺大原田町26-1
北大路より叡電踏切沿いを北へ
電話:075-723-4339
営業:11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
水曜定休

スイッチ

2016年6月19日 

今日は、久しぶりに朝から雨。

ウォーキングお休みは、すごく久しぶりな気がする。

しかし、要するに朝から雨が降っていると言うことは、お客様の足も湿りがちになってしまうと言うことで、やはり私は毎朝歩ける方がいいのだということがよく分かった。

 

さて、今日は父の日。

昨日は、店頭・発送合わせて、ギフトボックスのご注文を多数頂いた。

私は、中三の時に父親を亡くしているので、父の日に何かを贈るという習慣がないのだが、カミさんの父親には、いつもビールを買って持って行っていた。

でも、私はお酒を飲まない。

恐らく世の中には、少数派ではあろうが、お酒を飲まない父親もいるはず。

そして、お酒は飲まないけど、珈琲は好きという親を持つ息子・娘は珈琲を贈るという発想になるわけで、ある意味 Verdi は、そんな少数派の方々に支えられているのかもしれない。

まぁ、もともと流行のタイプではなく、旧来の珈琲専門店なんて、超ニッチな業界だからなぁ。

 

で、考えるに、お酒を飲まないということは、料理店ではあまり好まれない客。

フレンチでも、イタリアンでも和食でも、上客と言うのはたくさん酒を飲む客なわけで、酒を飲まない私としては、ちょっといい店へ行ったときなど、いろいろと気を遣うわけである。

 

そんなこともあって、多様な宗教や生活習慣・食習慣を持つことが普通である国の料理=インド料理は、私がストレスなく通える料理店だったのかもしれない。

中でも、ムスリムのインド料理店は、酒を飲まない客に対して、全く問題なく接してくれるので、私にとっては最も居心地の良い飲食店になっていた。

 

で、やはりインド料理である!

先日、東京で久しぶりにカレー三昧の2日間を過ごしたら、なんだかよけいにカレーた食べたくなるスイッチを入れてしまった。

そんなわけで、長女といっしょに白梅町へびゅーん。

P1070924

まずはサラダ。

P1070929 P1070928

何気に好きな、期間限定カリー「カジュ チキン カーラマサラ」

黒板を見たら、載っていたので早速注文してみた。

これと、ジャルダルボディが登場すると、なんか夏だなぁ、という気分になる。

もう一つは、オーソドックスなものをと思って、娘の好きな青菜系で、「ビーフサグワラ」。

長女は、あまり辛いのが得意ではないので、今回は辛さ控えめ。

でも、辛さとスパイシーさは、必ずしも比例しないので、辛くないけどしっかりスパイスの風味を楽しめて、とても美味しく頂いた。

まぁ、インド料理を食べるにあたり、なんだかんだ理由をつけて、正当性をアピールしているのだが、要は私は単なるスパイスジャンキーなのだろう。

.

店名:NOORANI ヌーラーニ
住所:京都市北区大将軍川端町21 ルミエール白梅1F
一条通 西大路東入る
電話:075-464-0586
営業:11:00~15:00 17:00~23:00
(L.O. は、各30分前) 不定休

東京食べ歩記~スイーツ編

2016年6月17日 

梅雨だと言うのに・・・

天気予報が雨でも・・・

なぜか、朝の6時前後には雨が降らない左京区。

IMG_3006

てなわけで、天気も私のダイエットを全面サポートしてくれているので、今朝もすたすたウォーキング。

さすがに、今日の鴨川沿いは、歩いている人が少なかった。

.

さて、東京の食べ歩記のスイーツ編。

初日の昼に、カレーを2軒連続で食べてしまい、口直しに甘いものを食べようと思い、店長土田が「一度体験しておいてください」言っていた MAGNOLIA BAKERY へ行こうと思ったのだが、ちょっとお腹がパンパンだったので、MAGNOLIA BAKERY の隣にある ISLAND VINTAGE COFFEE で少し休憩。

P1070854

なんか、賑やかなアイスティーを飲んでみた。

小一時間ほど休んだら、MAGNOLIA BAKERY へ。

P1070859 P1070860

なんか、最近流行っている上陸系のお店って、どこもかしこも内装がチープで、とりあえずお金をかけていないのがよく分かるのだが、そこだけ見ても、長くしっかり営業しようという気がないわけで、どうなんだろう?と思ってしまうのは、私が化石的な頭の持ち主ってことなのだろうか?

P1070856 P1070858

キャラメルのカップケーキと、ブルーベリーのタルトっぽいのと、バナナプディング。

土田は、「ともかく口が焼けるほど甘い」と言っていたのだが、インドのスイーツを食べなれている私としては、ラスグッラなんかと比べたら、全然甘いうちに入らないと思ってしまった。

で、素直に「そんなに甘くない」と、土田に言ったら、ちょっと変態扱いされているような気がした。

内輪話はよいとして、久しぶりにバタークリームのイガイガしい口当たりと、後に残る甘味のお菓子を食べた。

でも、基本的に重い甘さなので、インド料理の後は、ちょっと辛いかも。

タイ料理なら大丈夫♪ ?

.

今回の東京行きの目的は、あくまで喫茶カフェの展示会でいろいろと見て回り、商談をすること。

IMG_2985

実際、今この日記を書く前にも、訪問したブースで商談や見積もり依頼をした相手から、多数メールが届いており、その返事とか資料請求とかで、けっこう時間を使ってしまった。

一応 ちゃんと仕事をしに行っているのです!

そして、ビッグサイトへ仕事で行ったのだから、帰りは久しぶりのお台場へ。

IMG_2989

朝、2食とっていたので、お昼過ぎになっても、まだあまりお腹が空いていなかった私としては、軽く何か食べる程度で、と、思ってハワイアンカフェへ。

この店は、京都にもあって、「ハワイで一番美味しいパンケーキ」と謳っているだけに、前から一度行ってみたかったのだが、何となく京都では一人で入り辛くて・・・

まぁ、旅の恥はかき捨てって感じでしょうか。

入り口で「軽く食べたいのだけど、大丈夫でしょうか?」と、店員さんにきいたら「ハイ、女性でも一人でペロッといっちゃいますから、全然大丈夫ですよ♪」という返事。

まわりは若いカップルか女性ばかりの店に、ヒゲオヤジが、しかもスーツで入って行くわけで、やはりこれは東京だからできるんだな、と、思っていたら、メニューを持ってきた店員さんの「アロハ~」という挨拶が「あほか~」に聞こえてしまった。

そして、なんかよく分からないトロピカル系のドリンクと、この店の一番人気というストロベリー、ホイップクリームとマカダミアンナッツのパンケーキを注文。

P1070900

これ、甘いけど、けっこう好きだった。

P1070906

教訓「女性のペロッ」を侮ってはいけない。

お台場を後にしたら、夕食は軽くインディアンカレーをとり、新幹線の時間にはまだ少し余裕があったので、丸の内のKITTE にある、丸の内 CAFE 会 へ。

暑かったので、つい、かき氷など・・・

あと、なんとなくチョコレートが欲しい気分だったので、出来心でチョコレートドリンクも・・・

P1070908 P1070910

教訓その2「後悔先に立たず」

そんなわけで、今回もいろいろと回ったのだが、やはり東京のパワーってすごいなぁ、と、感じつつ、めまぐるしく変わる東京のトレンドの中にあって、長く続いているお店や商品は、どこが違うのか、上辺ではなく根本的な部分をよく見なくては、と、思いながら帰路につくのであった。

東京食べ歩記~朝食編

2016年6月16日 

天気予報によると、昨夜から雨のはずだった。

が、今朝の5時、目が覚めて外を見ると、本来なら雨が降っているはずの空は、どんよりとしているものの、雨粒は落ちて来ていない・・・

よほど天気は私を歩かせたいようである。

IMG_2993

さて、東京食べ歩記の朝食編。

今回も、いつものように WORLD BREAKFAST ALLDAY さんからスタート。

今回は、キューバの朝ごはん。

P1070874 P1070877

コーヒー生産国の中でも、アメリカと国交途絶えて久しい国ということで、情報の少なさではぴか一の国。

けっこう楽しみに頂いた。

P1070878 P1070879

左側のパンにはさまれているのは、ハムのペースト。

バナナは、緑色の状態のものを焼いてから揚げているそうで、見た目のシンプルさとは裏腹に、けっこう手が込んでいる一皿。

「京都の朝は・・・から始まる」なんてことをうたい文句にしている喫茶店もあるが、私にとって「東京の朝は、世界の朝食から始まる」と言っても過言ではなくなってきている。

あ、でも、前回は浮気して代官山へ行ったか。

で、キューバの朝ごはんを食べたら、てくてく原宿まで歩いて行って、bills 表参道 へ。

P1070889

原宿という土地柄か、けっこうな朝っぱらから最低2,000円は使ってしまう店にもかかわらず、高校生風の女性比率が高い。

私の隣も、小学校の体育服のような服装の女子高生が、パンケーキをドリンクなしで食べていた。

P1070891 P1070892

自称世界一のスクランブルエッグは、生クリームをたっぷり入れたタマゴをさっと薄く延ばして焼いて、火が通る前に、くるっとまとめてスチームで固めたというところか。

層にした上での、グリルではなくスチームによる調理、語弊はあろうが、茶碗蒸しをペストリーにしてみた、ってな感じか。

リコッタチーズのスフレパンケーキは、以前銀座で食べたものよりは、風味もしっかりしており好感が持てた。

私が店を後にした10時過ぎには、もう10人以上のウエイティングがかかっており、皆さん朝っぱらから豪華だなぁ、と、思いつつ・・・

実は、ここの珈琲が、ちょっと私の口に合わなかったので、このビルの1フロア下にあるスタバへ。

P1070882 IMG_2981

広いテラスが気持ちよく、他とはちょっとメニューも違うスタバ。

bills は若いおのぼりさんの観光名所って感じだったが、こちらは地元の大人が朝を寛いでいるといった感じだった。

原宿を後にしたら、こんどは足をのばして虎の門へ。

P1070899

虎の門コーヒー へ行ってみた。

P1070894 P1070896

なかなかクールでいい感じだった。

そんなこんなで、いつものように朝食を2食もとってしまい(内容的には3食だったような気もするが)今回の本当の目的地、ビッグサイトへ向かうのであった。

つづく。

おすすめギフト

2016年6月15日 

こんにちは、土田です。

 

梅雨に入りどんよりしていますが、しっかり雨が降る日は少ないですね。
晴れている方が好きですが、あんまり降らないと水不足や野菜の値段が心配になってきます。

 

さて、次の日曜日は父の日です。

 
プレゼントにコーヒーはいかがですか?
ギフトにオススメの商品をご用意しておりますので、ぜひご検討くださいませ!

 

image

sou・souさんとコラボさせていただいた人気の筒です。

ヴェルディブレンド(緑)

下鴨ブレンドフルーティーライト(ピンク)

下鴨ブレンド(青)

内容量はすべて120グラムです。

image

黒い筒は全種類の豆に対応しております。

 

 

image

 

新しく登場した黒いボックスには200グラムまでお入れできます。
お箱代は100円でございます。

お気軽にお声がけくださいませ。

 

明日もご来店お待ちしております。

 

 

東京食べ歩記~カレー編

2016年6月14日 

東京ビッグサイトで本日から開催の「カフェ・喫茶ショー」を見に行くため、昨日から東京へ行ってきた。

今回の展示会では、けっこう見積もり依頼だとか、具体的に商談をしたブースも多く、収穫の多い一日であった。

で、そんな商談の内容は、今後の店舗運営や商品に反映されるとして、昨日は昼2食と夜1食、久しぶりにカレーを食べて回ってみた。

 

まずは、この4月にオープンと言うか、伝説のカレー屋復活と言うか、「Blakes」というお店へ。

有名人が、こぞって絶賛していた「GHEE」というカレー店が、神宮前2丁目に店名をかえてオープン。

噂には聞いていたが、GHEEには行く機会がなかったので、今回は行きそびれることなく、と、思って駆けつけた。

P1070840 P1070843

2種もりのカレーは、「ミルクカレー&ビーフカレー」と「キーマカレー&バターチキン」。

インド料理愛好家の観点から言うと、インド人だったら、こんなスパイスの使い方はしないだろうと思うのだが、そこがオリジナリティーと言うべきか、日本人が作る、インド風スパイスカレーという感じで、なかなか面白く頂いた。

某有名俳優が、東京で一番美味しいカレーと絶賛したと聞くが、インド料理を食べつけていない人が、これを食べたら、そう言ってしまう可能性もあるかな、と、若干納得。

美味しく頂きました。

実は、神宮前2丁目近辺は、現在カレー店が多数できている、カレーの Hot spot。

少し歩けば原宿があり、方向を変えれば青山・表参道、そんな立地にこういうマニアックな個人カレー店が林立しているというのは、なかなか立地の妙という感じ。

で、Blakes を出たら、その真向いにある、平日昼間の2時間ちょっとだけ出没するお店「リコ」へ。

P1070853

ここは、夜にBar として営業しているお店を昼の2時間半だけ借りて、テイクアウト中心に営業されているお店。

日替わりはすでに売り切れていたので、「バターチキン」と「ガッパオ」を頂いた。

P1070849 P1070847

もう2時を回っていると言うのに、食べている間にも、次々とテイクアウト客がやってくる。

青山や表参道の、上陸系ビジネスモデルと正反対の、地元密着型のビジネス展開。

なかなか面白かった。

そして、夜は池袋の「火星カレー」へ。

P1070861 P1070863

地球上のカレーとは一線を画したカレーが食べられるそうである。

コンセプトとしては、美味しいルーで、地球上のいろいろな肉を食べられるカレーだそうで、チキンやビーフ、マトンの他、鴨や鹿、カンガルーなんてのも。

P1070867

ゆっくり食べるというよりは、食券を購入してササッと食べる感じのお店ながら、なかなかインパクトのあるカレー屋さん。

P1070868 P1070871

「鹿カレー」と「ビーフカレー」。

ルーは、肉によって変わるわけではないが、辛さは、甘口・中辛・辛口の他、「冥王星」なんて、宇宙級の辛さもあるらしい。

味の方は、地球規格外の美味しさというと語弊はあるだろうが、たまに食べたくなる美味しさであった。

そして、〆は丸の内の「インディアンカレー」

こちらは、大阪に数軒店をかまえる「インディアンカレー」の東京店。

中之島の、朝日カルチャーで講座をもっていたとき、ちょくちょく利用していた。

この秋シーズンの講座も、講師の依頼を頂いたものの、ちょっと私に時間的余裕がなかったので、ご辞退申し上げたため、なかなかインディアンカレーを食べる機会がないなぁ、ってことで、久しぶりに何故か東京でインディアンカレー。

P1070907

このカレーも、たまに無性に食べたくなる味。

なんだか、東京の中の大阪を感じるひと時であった。

さて、明日は水曜日なので、店長 土田が日記を担当いたします。

なので、東京食べ歩記の「朝食編」「スイーツ編」は、木曜と金曜にアップいたします。

このページの先頭へ