自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

実は好きです

2016年5月2日 

今日は、連休の中日。

朝、いつものように鴨川沿いをウォーキングしていたら、普段の平日は、あまり見かけない人が、けっこう多く歩いている。

だいたい、同じ時間に自宅を出て歩き始めたら、出町柳の橋の上では、毎日同じ人が、駅に向かって歩いているので、名前も知らないし、挨拶すらしないが、毎日すれ違うので、わりと顔なじみになっていたり。

でも、いつもと比べて、今日はそんな顔なじみの人が少なかった。

やはり、お休みをとっている人が多いのだろうか。

 

で、今日は素晴らしい青空と、真夏を思わせる気温だったので、ウォーキングから戻ったら、全開で洗濯機を回し、デニムとかチノパンとか、あとはもうシーズンも終わった厚手のシャツとかを一気に洗濯してしまい、干し終わったら店へ。

無言の留守電が多数入っているのは、今日は営業しているかどうか確認する方が多かったのだろう。

そんな留守電の中に、お取引先だとか、仕事関係の方からのメッセージもちらほら。

わりと出勤している人も多いということなのだろう。

 

さて、今日はせっかく定休日なので、カミさんと子供と一緒に、何か食べに行こうかと思ったのだが、出勤している人は多いと言えども、やはりG.W.中は、気の利いたお店などで食べたいと思ったら、予約をしておかないと、なかなか席は空いていない。

そんなわけで、今夜は王将。

メニューの数は、すごくたくさんあるのだが、なんだかんだ言って、いつもこれを食べてしまう。

P1070489s

餃子定食

特別「美味しい!」というものではないが、何となく慣れ親しんだ味なので、たまに無性に食べたくなるもの。

P1070488s

こんなメニューもあったが、さすがにこれはパス。

なんか、関西やなぁ・・・って感じのメニューであった。

実は、わりと、王将、好きです。

そんなわけで、明日からゴールデンウィークの後半戦、頑張って行こう!

植栽

2016年5月1日 

ゴールデンウィークも、前半が終了。

有給などを上手くからめたら、10連休になる方もいらっしゃるかと思うが、カウンター越しに、常連のお客様とお話をしていると、「明日は仕事」という声をけっこう耳にした。

今年はけっこうカレンダー通りのお休みという方が多いように感じる。

 

 

さて、朝、店の前を掃除していると、よく通りがかりの女性から「いつも店頭のお花、綺麗にしてるわね、このお花を見るのが楽しみなのよ」と声をかけられることがしばしば。

やはり、そう言って頂けると嬉しいもの。

IMG_0055s IMG_0059

でも、私としては、店頭の花ではなく、店内の珈琲を楽しみに、お越し下さったら、より嬉しいのだが・・・

ま、それはいいとして、Verdi では、店頭の植栽を元スタッフのMさんにお願いしている。

IMG_0049 IMG_0048

植栽担当のMさん

Mさんは、Verdi が開業して間もないころから、パティシエのご主人とともに、よくモーニングを食べに来てくれていたのだが、数年前にアルバイト募集をかけたとき、もう募集は締め切ったというのに、強引に面接を受けに来て、結局働いてもらうことになった。

彼女は、Verdi で働く前、お花屋さんで働いており、花についての専門知識もしっかりと勉強していることから、出産に伴う退職後も、植栽のメンテナンスお願いしている.

将来は、ご主人がケーキを作り、彼女がお花とカフェを担当する、お花屋さんでケーキ屋さんでカフェというお店をしたいという夢をもっているらしい。

なんだか、小さい女の子が、将来の夢として挙げるものを一挙にやってしまおうという感じの、すごいお店になりそうだが、頑張って是非夢を実現してほしいものである。

IMG_0056 IMG_0061

そんなわけで、現在 Verdi の店頭は、春~初夏の花に変わっております。

通りすがりの方も、店内で珈琲をお楽しみ下さる方も、Verdi の前を通ったとき、少しでも心なごめば嬉しいかも。

明日は定休日、明後日からのゴールデンウィーク後半戦も、頑張って行こう!

30年ぶり

2016年4月29日 

こういよいよゴールデンウイークが始まった。

平日と休日を比べたら、休日の方がお客様の数は増えるのだが、やはりこういう大型連休のときは、なかなかお客様の動向は読めないもの。

今年のゴールデンウイークはどうなることでしょうねぇ・・・

 

さて、祝日だったので、なんとなく曜日感覚はなかったのだが、今日は金曜日なので珈琲豆の配達回り。

3軒目のお取引先へ行ったとき、その店のカウンターに掛けている女性客が、私の方を見て微笑んでいる。

たまに、どこかのお店へ行ったとき、雑誌などで私の顔を知っている方から声をかけられることがあるので、その類かな?と思いつつ、お店の方に豆を渡して店を出ようとしたとき、その女性が私のファーストネームで呼びかけてきた。

 

だいたい外で見知らぬ方から声をかけられるときは「ヴェルディのマスターですよね?」と、声をかけられることが多いのだが、この女性は私をファーストネームで・・・と、思って顔をよく見たら、私が中学~高校のころに親しかった友人ではないか!?

当時は、ちょくちょく一緒に遊びに行っていたが、私は東京の学校行っていたこともあり、あるときから全く会うこともなくなり、30年の歳月が流れていた。

まぁ、お互い京都に住んでいるので、いつどこで会っても不思議ではないのだが、びっくりしたなぁ・・・

先日は、東京にいたころの友人が、雑誌を見たら私が載ってた、と、Verdi に来てくれて、20年ぶりの再会をはたしたり。

今年に入って、超久しぶりに昔の友人に会うことが連続している。

何かあるのかなぁ?

 

 

そんな驚きのあった一日の最後は、長女と次女を連れてヨドバシへ。

家電やカメラ関係のものを買いに来たわけではなく。目的はズバリこれ!

P1070485 P1070483

ホッピングシャワーのパチパチキャンディーが、通常の倍になり、ダブル以上を注文したら、31%割引になるというこの10日間。

行かない訳には行かないでしょ!?ってわけで、アイスクリームを食べに行ってみた。

一応、ダイエット中なので、サイズはレギュラーではなく、スモールに。

こんなときでも誘惑に負けない私って、偉いなぁ。

いや、アイスクリームを食べてる時点で、すでに誘惑に負けているか。

まぁ、明日からまたダイエット頑張ろう!って、毎日言っているような気がする。

でも、本当に明日から・・・  どうでしょうねぇ

実は・・・

2016年4月28日 

昨日、今日は、久しぶりに朝一からカウンターで抽出に入った。

このところ、私はあまりカウンターに入らないようにしていたのだが、まぁ、たまには。

すると、昨日は開店直後から次々お客様がお越し下さり、9時ごろには満席に。

今日も、雨なので閑散とした店内になるかと思っていたら、存外に多くのお客様がお越し下さり、慌ただしくモーニングの時間が過ぎて行った。

やはり、私がカウンターの中にいると、お客様が大勢おいで下さるんだなぁ、と、勝手に喜んでみた。

 

しかし、まぁ、なかなかそんな勢いは続かないもので、昨日も今日も、10時を回って他の社員が出勤してきて、抽出をバトンタッチした途端、なぜか空席が目立ってしまう。

やはり、私がカウンターに立たないと・・・って、たまたまですね。

 

実は、今だから言えるというわけでもないが、私が抽出を控えていたのには、二つ理由があって、一つは社員を育てるためで、これが大義名分ではあるのだが、私にとっての本当の理由は、ここ1年ほど右腕の調子がいたって悪く、閉店後の片付けをしているとき、シュガーポットをテーブルから持ち上げたら、右手の力がなくなり、落としてしまうということがしばしば。

その後も、抽出のためにポットを持つと、腕に激痛が走ったり、肘の骨を少し触るだけで、けっこうヤバイ痛さを感じたり。

 

明らかに職業病なのだが、同じ調子で抽出を続けていたら、恐らく悪化してしまうだろうと思って、可能な限りポットを持たないようにしていたら、やっと握力も戻り、ポットを持っても痛みを感じなくなってきた。

まぁ、この仕事を続けている限り、避けては通れない部分なので、私のみならず他のスタッフも、あまり一人に抽出が偏らないようにして、皆の腕の負担を少なくできるようにしなくてはだな。

 

さて、今日は雨で少し肌寒い気温だったが、このところ夏日のような暑さの日も少なくない。

そんなときは、つい『塩釜』さんの「冷やし五目」が食べたくなる。

少し余裕のあった午後、サッと塩釜さんで、蕎麦のランチを頂いた。

P1070477 P1070481

限定販売の「生粉打ち」が、まだあったので、麺は生粉(きこ・一般的には十割蕎麦と言う)にしてみた。

この『冷やし五目』は、器が小さくて、非常に食べにくいのがたまにきずだが、久しぶりに美味しく頂いた。

これからの季節、また食べに行きたくなることも多いだろうなぁ・・・

.

店名:蕎麦切 塩釜
住所:京都市左京区一乗寺西閉川原町29-13
電話:075-721-2966
営業:11:30~16:00/18:00~21:00(各30分前LO)
月曜・第三火曜定休(祝日の場合翌日振替)

スタートです

2016年4月28日 

こんにちは、土田です。

今日は少し肌寒かったですね。
昨日は28.5度まで上がったようで、まだ4月なのに驚きの気温です。

 

image

image

お店の近辺ではハナミズキが満開です。
かわいらしい花ですね。
昔大ヒットした曲を思い出します。

 
この間、迎賓館赤坂離宮に行ってきました。

 

image
国内線の飛行機に乗るぐらい厳重な手荷物検査と身体検査を受けて、正門の横にある小さな通用口のような所から入れてもらえます。

 

 

 

外から見ていても充分かっこよかったですが、一歩中に入ると景色が全然違いました。
まるで別世界のようで素晴らしかったです。

image

image

image

 

 

明治以降の文化財として初の国宝になったのも納得。
ただ、非常に使い勝手が悪く経費がかさむとWikipediaに載っていました。
それもまた納得です。

 
家の扉がこんなだったらびっくりするよなー、と思いながら撮った一枚です。

image
華美ですね。

 

 

image
この景色は、海外にいるような気分になりました。

 

image
あの大きな門は誰も通してもらえません。
あそこから入ることに意味があるんでしょうね。

 

中を全部見て回るには3時間ぐらいかかります、と言われて断念しました。
また次の機会に。

 

迎賓館赤坂離宮通年公開、4月19日よりスタートしております。

 

 

 

 

ヴェルディでは、よもぎのシフォンケーキがスタートしました。

image
明日は一日中雨の予報ですが、気分転換にぜひコーヒーを飲みにいらしてください。
お待ちしております。

 

 

あっさり

2016年4月26日 

今日は、午前中から、打ち合わせなどがあって、ユニフォームではなくスーツで出勤。

そんな日に限って、最高気温28度!

世のビジネスマンの方々は、暑くても寒くても、毎日こうしてスーツを着ているんだなぁ、と、思いながら、少し歩くと汗ばむ中、いろいろと走り回った一日であった。

 

このところ、Verdi へ来ても、私がいない!と、お客様からおしかりをうけることがしばしば。

もうちょっとしたら、いろいろとご報告もできるかと思いますが、それまで今しばらくお待ちくださいませ。

 

さて、今朝お越し下さった若い女性のお客様から「京都の珈琲は、酸味が強いのかと思っていました」という言葉を聞いた。

たしかに、私が開業した当初の京都では、冷めると強烈に酸味を感じる珈琲も多かったが、一方で炭化寸前と思えるような深煎りのものも多かったわけで、ある意味両極端な珈琲が出回っている街だったのかもしれない。

 

しかし、ここにきて、老舗系よりも、新進気鋭系の方が、酸味をアピールしている感は否めない。

そんなことを考えていたら、心許している友人から、一枚の写真が送られてきた。

見るとそれはメニューの一部で『いま時代が求めるのは、苦味の強さよりも、コーヒー豆本来の味だと言います。』と書かれていた。

 

珈琲豆本来の味ってなんだ?と考えてみると、いきなり迷路に陥ってしまう。

焙煎していない、生豆の状態のものは、挽いて湯を浸しても、単に生臭いだけのお湯ができるだけ。

焙煎と言う工程を経て、味を作って行くわけで、どの段階をもってコーヒー豆本来の味と言うべきか、断言できる人などいようはずもない。

同時に、コーヒーを単体で飲むのか、朝食のトーストと飲むのか、甘いケーキと飲むのか、フレンチやイタリアンの食後に飲むのか。

コーヒーを楽しむパートナーによって、好ましい苦味と酸味のバランスは違ってくるのではないかと思う。

ケーキと楽しむのでも、軽いシフォンケーキと一緒に飲むコーヒーと、しっかりとしたチョコレート菓子と一緒に飲むコーヒーは、違うもので然るべき。

 

よく、コーヒーをワインと比較して、ワインの風味評価のように、コーヒーの味覚表現をする人がいる。

でも、ワインのソムリエって、そもそもレストランで、お客が注文した料理とマッチングさせて、食事全体を楽しませることが最大の目的なわけで、今のコーヒー業界の味覚表現って、ちょっと違うような気がするのは私だけだろうか。

まぁ、それが正しかろうが、間違っていようが、時代の流れに立ち向かっても、かなうはずはないのだが、そんな人間が全くいなかったら、世の中進歩もしないし面白くもない。

私としては、コーヒーを『いまの時代が求める』ものとしてではなく、いつの世でも、皆さんが楽しく生活するための潤滑油になれるよう、焙煎し、提供していきたいと思っている。

 

で、今日は打ち合わせなどで外出していたので、その出先でとったランチ。

P1070470 P1070474

前菜は、揚げワンタンに、たんぽぽの葉、アイスプラント、こごみのスープ。

メインは、豚肉の丼を注文。

叡さんの料理は、いつ来てもあっさりとしていて、中華らしからぬ薄味。

ほっこりさせて頂きました。

.

店名:中国料理 叡
住所:京都市左京区北白川上終町22-10
TEL : 075-723-6651
営業:11:30~14:30 17:30~21:00

このページの先頭へ