自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

キラキラ ピカピカ

2016年2月24日 

こんにちは、土田です。

今日は寒かったですね。
さっきは雪が舞っていました。

暖かくなってきたと思ったらこの寒さ、三寒四温ですね…と書こうとして、ちゃんと意味を調べてみると (言葉の意味を調べるのがすごく好きです)
自分はずっと勘違いして使っていたことがわかって驚きました。
言葉はおもしろいです。

 

image

image

image

三寒四温と春に関係性はないそうですが、ヴェルディの入り口は春バージョンになりました。

太陽を浴びている植物を見るとキラキラしていて、なんて嬉しそうなんだろうと思います。

ヴェルディのお花は、元スタッフにお世話をしてもらっています。
とてもかわいいですよ!
是非ご覧ください。

 

image

床もピカピカになりました。
明日も皆様のご来店お待ちしております。

 

てんこもりの一日

2016年2月23日 

今日は、午前中に事務作業などを終えて、午後からバリトン歌手のコンサートを聴きに行ってきた。

普段は、平日の昼間にコンサートなんて行かないのだが、このコンサートの主催者である『緑の街ミュージックフレンズ』というNPOとは、いろいろと御縁あって、今後は一緒にお仕事をすることになるかもしれないので、ともかく行動すべしな私としては、足を運んでみた。

お互い協力して、良いことができればと思う。

 

コンサートのあとは、一旦店に戻って、またすぐでかけて打ち合わせ。

P1060931

まだちょっと検討が必要ながら、だんだんと形になってきている。

次回の打ち合わせ時には、かなり出来上がるのではないだろうか、頑張ろう。

で、コンサートや打ち合わせの合間を縫って、以前からちょっと気になっていたカフェで、フレンチトーストを食べてみた。

P1060928 P1060929

最近、目に留まったら、躊躇わずにフレンチトーストを食べることにしているのだが、同じフレンチトーストでも、いろんなものがあるなぁ、と、感心してみたりして。

その後、夜にも一つ打ち合わせがあって、結局帰宅したら、午後10時半を回ってしまっていたので、今夜の日記アップは、少し遅め。

ちょっと、このところ、バタバタしていることが多いが、しっかりとやるべきことをやって、積み上げて行こう。

そんなこんなで、明日は店長の土田の日記です。

私の日記は、また明後日。

それではみなさまごきげんよう。

8年ぶり

2016年2月22日 

毎朝30分ウォーキングをして、ワンダーコアで腹筋して、昔、藪と遠山がテレビショッピングで宣伝していた体幹トレーニングバーを購入したものの、長い間押し入れで眠っていたのを再び取り出して、ちゃんとエクササイズして、さらに一日に一食しか炭水化物をとらず、一日の摂取カロリーも概ね1,500 k.cal に抑えているのに・・・

最初の3週間ほどで、2キロは減ったが、その後は踊り場から抜け出せない。

あと、5キロ減らさないと、私はインド料理を食べられないのである!

 

30代の頃は、ちょっと食事を控えたら、5キロくらい楽に落とせたのに、やはりトシはとりたくないもの。

50も目前に迫ると、体重の踊り場が非常に長い。

でも、ここで負けたら元の木阿弥、夏には Tシャツを堂々と着られる体型になっていなくては。

頑張ろう。

 

さて、今日は Verdi 定休日だったが、午前と午後ともに予定が入っていたので、何かと慌ただしく一日が過ぎて行った。

そんな、仕事の合間に、お客様から『行っておいた方がいいかも』と言われたフレンチで、久しぶりに、きちんとしたデジュネを頂いた。

P1060908

アミューズがわりに供されるミニスープ。

今日は、キャベツのポタージュと言うことだったが、これが本当にしみじみ美味しくて、キャベツの甘みと、ほのかに鼻孔をくすぐるスパイスの香りも素晴らしく、きちんとスープ皿で頂きたい味わいであった。

P1060911

メインにポワソンを選んだので、前菜は鴨のテリーヌ。

添えられたパプリカのソースが、肉の味を引きたてており、これも繊細な美味しさを感じられる一皿。

P1060913

主菜は、桜マスとタラのムニエル。

魚と一緒に、グリルされたプチトマトを口に入れると、濃厚な甘味とほのかな酸味が、淡白な魚を引きたてて、なかなか良い組み合わせ。

輪切りで焼かれた「じゃがいも」かと思ったら、「サツマイモ」で、これもなかなかユニーク。

個人的には、ケイパーではなく、ディルの香りだと、より美味しく食べられたか?とも思うが、全体的によくまとまって、満足度の高いコースであった。

P1060916P1060918

デセールは、オレンジのブランマンジェとチョコチップアイスクリーム。

前に伺ったのは、2008年の6月(そのときの日記は こちら

随分長い間来ていなかったと思いながら、そう言えば前回も、同じような組み合わせで頂いていた。

もうあまり時間はないが、なんとか機会を作って、一度肉料理も食べに来てみよう。

.

でも、その前に体重減らさなくては。

なかなか悩ましいなぁ・・・

.

店名:La Verveine (ラ ベルベーヌ)

住所:京都市左京区一乗寺払殿町50-1(叡電一乗寺駅前)

電話:075-757-2443

営業:12:00~14:00(LO) 18:00~21:00(LO)水曜休

Web:http://la-verveine.jp/

濃いと薄い

2016年2月21日 

今日は、京都マラソン。

交通規制と百貨店の北海道展に弱い Verdi としては、けっこう辛いものがある。

昨日は雨で、営業成績も芳しくなかったのに、日曜のマラソン・・・

ちょっとトホホな週末になってしまった。

来週は頑張ろう!

.

さて、珈琲のご注文を伺いに行ったとき、「濃い珈琲はどれですか?」あるいは「薄い珈琲はどれですか?」といったご質問を受けることが多い。

「色が濃い or 薄い」なら、見たままのことなので、即答できるが、浅煎りの珈琲でも濃く淹れることはできるし、深煎りの苦味が強い珈琲でも、薄く淹れたら、弱々しい味になる。

つまり、「濃い or 薄い」は、淹れ方の問題。

「苦い or  酸味が強い」は、豆と焙煎の問題。

濃く淹れると、苦味だけではなく、酸味も強く出るから、深煎りと浅煎りを両方とも濃く淹れたら、むしろ味全体のボリュームとしては、浅煎りの方が、重い味になったりする。

.

ただ、そのあたりをお客様にご理解頂くことは、なかなか難しく、どんなにご説明しても、やはり「濃い or 薄い」という表現をされるので、こちらとしては、濃い=深煎り、薄い=浅煎りと解釈するしかないわけである。

本当は、ちょっと違うんだけどなぁ・・・

.

さて、昨年の終わりごろ、自宅の近所に、ラーメン店のような、なんだか違うような、けっこう入るのに勇気の必要なお店ができた。

P1060900 P1060899

『煮干しそば』と書かれているが、要するにラーメン店だろうと思って、しばらく関心すら持っていなかったが、先日なんとなくふらっと入ってみた。

P1060894 P1060897

スープを一口、ふわっと煮干しの風味が口の中に広がる。

麺は、何か練りこんである風の細めストレート。

なぜかクレソンがトッピングされている。

.

トンコツなどに比べると、あっさりしていて食べやすいのだが、煮干しの風味が強く、味としては非常に濃く感じる。

そうしてみると、ラーメンでも「あっさり味」と「こってり味」、「濃い味」「薄い味」は、別物なんだということを再認識。

こってりしていても、予想以上に後味がスッキリしているものもあれば、風味自体はアッサリ系なのに、食べ終えた後で、やたら喉が渇くものも。

.

私の場合、珈琲なら何でも飲める、と、言うか、視察などをしていたら、どんな珈琲を飲まされるか分かったものではないので、オールラウンドに適応できないと、この商売難しい。

だが、ラーメンとなれば、やはり、あっさりで、なおかつ薄味の方が好きかも。

しかし、煮干しの風味がズトンとくるし、麺も他ではあまり食べられないもの。

この店を好きになる人は少なくないように思う。

油そばもあるそうなので、こんど気が向いたら、そちらにチャレンジしてみようかな。

.

店名:煮干しそば 藍

住所:京都市左京区吉田下阿達町29-1

電話:固定電話なし

営業:平日=11:30~15:00、17:30~20:00

   土日祝=11:30~18:00

月曜・第1・第3日曜休

サイクル

2016年2月19日 

昨日の日記で、霜柱を踏みしめながら・・・と書いたら、今朝は存外に気持ち良い朝。

もちろん、寒くても気持ち良いのだが、少し歩けば寒くなくなる、ウォーキングにはちょうど良い気温といったところだろうか。

ちょっと前までは、歩き始める時点で、外は真っ暗。

30~40分歩いて、帰宅するまで、すれ違う人の顔も判断できない程度の明るさだったが、このところ半分も歩いたところで、けっこう明るくなってくる。

気温とは別に、春の足音を感じるひとときである。

12736443_579020522261568_354223385_n

さて、このところ私は外に出て、打ち合わせやらなんやかんやしていることが多いのだが、そうやって街中を歩いていると、知らないうちに店が変わっていることに気付く。

.

この前まで、ちょっとおしゃれなカフェだった場所に、違う飲食が入っていたり。

まだ、以前そこに何があったか覚えているなら良い方で、店頭の花などから、新しいお店がオープンしたことは分かるのだが、前は何があったか、思い出せないところも少なくない。

.

店がかわるのみならず、ちょっと前までは、随分こんでいた店が、覗いてみると閑散としていたり。

今日も、河原町近辺を歩いていて、2か月ほど前に初めて行ったときは、席に着くまで待たされた記憶のある店が、今日中を見てみると、1組しかお客がいなくなっていた。

.

まぁ、店のサイクルが早いと言うか、流行ものは、客が付くのも早いが、引くのも早いものだと、ちょっと恐ろしくなった。

Verdi は、そんなに流行っていはいないが、数か月後に廃れているということはなさそう。

しっかりと足場を固めつつ、長く営業したいものである。

.

流行らないが廃れないと言えば、地元の粉もんの店も、着実に長く営業しているところが多い。

夜遅くなったときの最終手段『お好み焼き』は、今更流行らないだろうけど、ブームがない分、廃れることもない。

P1060866 P1060867

『オクラ、納豆、とろろ』これ好き♪

P1060865 P1060869

Verdi の近所にある『ここ家』さんは、遅がけに暖簾をくぐると、「おかえりなさい、お疲れ様」的な感じで迎えてくれる、アットホームな一軒。

最近、「コーヒーブーム」と言われるが、ブームというのは、いつか終わりが来る。

私たちの珈琲は、ブームではなく、お好み焼きのように、定番であるようにしなくては、だな。

.

店名:ここ家
住所:京都市左京区下鴨北園町1番地
京都コンサートホールの少し南、東側
電話:075-722-2308
営業:11:30~14:00 17:00~00:00
月曜定休(祝日の場合は翌日)

たまには優雅な時間を

2016年2月18日 

毎朝ウォーキングをしていて思うことに、この冬は、鴨川沿いを歩いていて、霜柱を踏みしめたり、水たまりが凍っていることが、ほとんどなかった、ということ。

しかし、今朝は、霜柱を踏みしめるシャキシャキとした音を聞きながら歩いた。

 

面白いもので、1年以上ほぼ毎朝歩いていると、朝身体を動かさないと、その日はなんだか身体が重く感じる。

寒いと、布団から出るのが辛いところはあるが、この調子で毎朝体を動かして、ちょっとでも早くカレーが食べられる目標体重になれるよう頑張ろう。

 

さて、このところ、打ち合わせやらなんやらで、外出することが多いのだが、先日は、カミさんと一緒に、外で打ち合わせを終えたら、ちょうどランチタイムだったので、Verdi と同じで、月曜が定休日のため、なかなか伺えない『オ タン ペルデュ』さんへ、久しぶりに行ってみた。

P1060852

スープとバゲット。バゲットには、バターと豚のリエットが添えられていた。

P1060855

ランチセットの「オベピーヌ サラダ」のプレート。

P1060857

こちらは、キッシュのプレート。

ガッツリ食べたいと言う人には向かないが、優雅な気分で、オシャレに軽くランチをしたいときには、とても良いプレート。

ダイエット中の私としては、このくらいがちょうど良い。

P1060862 P1060863

マドレーヌも、表面はやや歯触りがしっかり、風味よく口どけも素晴らしく、なかなか美味しい。

「緊張します」と、出してもらった珈琲も、美味しく淹れて下さって有難う、って感じ。

最近、なかなか時間的にも気分的にも余裕が持てない毎日が続いている中、久しぶりに、ゆったりとしたランチを頂き、ちょっとリフレッシできた。

機会があれば、また来よう。

P1060845

 .

 

店名:オ タン ペルデュ
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町64
パークハウス京都岡崎有楽荘1F
仁王門通り神宮道西50m南側白川に面す
電話:075-762-1299
営業:11:00~21:30 月曜定休 火曜不定休
Web :http://bellecour.co.jp/autempsperdu.index.htm

このページの先頭へ