自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

コーヒー店めぐり

2016年4月25日 

今日は、朝から打ち合わせやらなんやらで、結局一日スーツで過ごしてしまった。

で、夕方に帰宅して、何となく休みの日らしいこともしたいと思い、デュカプリオがオスカーとった映画でも見に行こうかと思ったが、そう言えば、娘たちをコナンに連れて行っていなかったってことで、名探偵コナンを見に行くことにした。

1453259425

なんだかんだ言って、これも毎年の恒例行事になっているが、次女も高校生になり、いつまで父親と映画を見に行ってくれるものやら。

そう考えると、なんとなく子供の成長が嬉しいような、寂しいような。

.

さて、代官山で朝ごはんを食べたら、自由が丘方面に向かった。

まず向かったのは、奥沢駅前にあるカフェ・アランチャートさん。

こちらは、バッハグループのお店で、焙煎機も Verdi と同じシリーズの一番小型のもの(Verdi は10キロ釜で、こちらのお店は、2.5キロ釜)

IMG_2535 P1070432

ブレンドを頂いたが、まさしくバッハ系の味と言うか、慣れ親しんだ味で、悪い意味ではなく、非常に普通に美味しく頂いた。

ただ、私の他に入ってきたお客様は、みなさんカレーを食べていらっしゃった。

この店は、コーヒーだけではなく、カレーもウリの店らしい。

いいなぁ・・・

続いて、アランチャートさんから徒歩1分ほどのところにある、ONIBUS COFFEE さんへ。

P1070435 P1070433

ここは、Verdi や、アランチャートさんとは正反対と言うか、今の東京の流行のコーヒーそのもの。

焙煎機の冷却槽にあった豆を見てみると、これは私たちの一番浅い焙煎度合いより、さらに3段ほど浅いもの。

P1070434 P1070437

店内でも飲めたのだが、テイクアウトしることにした。

それにしても、最近できた自家焙煎珈琲店と言うか、ロースターカフェと言うか、に行ってみると、端っこが破れたキャップをかぶって、ひげをはやして(ひげは私も人のこと言えないけど)薄汚いシャツとやぶれたジーンズ、鼻か口にピアスという風貌で仕事をしている人をよく見かける。

そういう姿を見て、「この人たちは、食品を扱っているという認識があるのだろうか?」と、思ってしまうのは、私がオッサンだからだろうか。

あるいは、今若者が飲んでいる『コーヒー』というものは、もはや食品ではなく、「ファッション」なのだろうか?

ここ数年の間にオープンしたお店へいくたび、なんだか考えてしまうことである。

続いて向かったのは、新宿南口に新たにオープンしたルミネの新店『 NEWoMan 』というファッションビル。

IMG_2543

こちらには、日本初出店とか、話題の上陸系とかがいろいろ入っているので、行ってみたかったのだが、ビルの名前からして、男性は入り辛いか?と、思ったが、フロアを歩いてみると、スーツ姿の男性がぞろぞろ。

まぁ、新しい商業施設ができたら、視察の人は多いものですねぇ。

で、まずは、1階に入ったブルーボトル。

IMG_2539 IMG_2537

先日、ブルーボトルのブライアン氏がVerdi へ来たとき、「新宿は、スゲーことになってるぜ!」と言っていたので、「こんど東京へ行ったら、見に行くぜ!」と言った手前、行かない訳にはいかず。

確かにスゲーことになっていた。

もうブルーボトルは、清澄と青山各々2回行っているので、並んでまで飲むことはせず、スイーツを食べに上のフロアへ向かった。

で、おやつは『 ROSEMARY’S TOKYO 』へ。

 P1070448 P1070442

フォッカッチャフレンチトースト・季節のフルーツとパフェ、ショコラ&オランジェを頂いた。

店内は、満席だったが、テラスならすぐに案内できるとのことだったので、テラスへ。

風が心地よくて、この日は絶好のテラス日和であった。

でも、ちょと食べすぎた。

続いては、こちらも日本初上陸と言う『 VERVE COFFEE ROASTERS 』へ。

IMG_2542 P1070453

店員さんに「パナマのエリダ農園のゲイシャがお勧めです」と言われたので、素直にエリダのゲイシャを注文。

エリダ農園の豆(当時販売していたのはカツーラ種)は、以前の Verdi の看板商品だったので、なんとなく愛着もあったし・・・

P1070452

しかし、会計のときにびっくり「1,800円です♪」って、せんはっぴゃくえん?!

うちの店でも、何度かゲイシャは扱ってきたけど、最も高価と言われるエスメラルダのゲイシャでも、カップは一杯600円だったのに、その3倍もするのか?

次、うちで売るときの参考にしよう(ウソです、Verdi では、どんな高価な豆でも、一杯600円以上はつけません!多分)

ブラックで飲むと、強烈な酸っぱさの奥に、ほのかなゲイシャフレーバー。

砂糖を入れたら、それなりにゲイシャフレーバーを楽しめた。

こちらは今予想通り、今の東京で人気と言うか、上陸系コーヒーショップの味そのものであった。

そんなこんなで、東京食べ歩きの〆は、けっこうここで夕食をとることが多い『 いきなりステーキ 』へ。

いつもなら300グラムと言うところ、ちょっとお腹いっぱいだったので、サーロインを200グラムで注文。

IMG_2544

なんと!カットして重さを量ったら200グラムジャスト!!

焼き場のお兄さんに「素晴らしい」と言ったら、「いやー、滅多に出ないんですけどね」と。

私も、今までにジャストを見たのは2回目、なんかいいことありそうな気がしたのだが、ふと目に留まった値段を見たら、サーロインステーキ200グラムが1,600円。

さっき飲んだコーヒーより200円安いではないか!?

珈琲屋の私が言うのもなんだが、あのゲイシャ一杯飲むなら、サーロインステーキ200グラムを選ぶなぁ・・・

P1070457

そんなわけで、今回も体重を増やして京都へ戻るのであった。

土日、頑張って節制したが、まだ東京へ行く前と比べて600グラムも体重オーバー。

頑張らねば。

代官山で朝ごはん

2016年4月24日 

今日は、スカッと晴れているものの、暑くもなく寒くもなく、肌にあたる風が心地よい、まさに行楽日和と言った感じの日曜日。

これで、給料日前ではなく、ゴールデンウィーク前でもなかったら、大勢のお客さまで賑わっていたんだろうなぁ・・・と、ぼやいてみたり。

でも、ご近所にお住まいながら、初めてお越し下さったお客様がいらっしゃったり、長年通販をご利用のお客様が、遠方からわざわざお越し下さったり、週替わり珈琲の『スマトラ島のロングベリー』が、好評だったり、そういうことに小さな喜びを感じながらの営業であった。

スマトラ島・ワハナ農園・ロングベリー

スマトラ島・ワハナ農園・ロングベリー

この珈琲は、見た目にも普通のものとは違い、ともかく細長いのが特徴です。

エチオピア原産のハラーロングベリー近似種だそうで、軽い飲み口ながら、柑橘系のフルーティーさと、後味には緑茶のようなまったりとした甘味が感じられます。

少し、砂糖を入れると、風味が引きたてられます。

ぜひ、店頭で、通販で、お試しくださいませ。

 

さて、木曜日は、夜のコンサートだったので、今回も一泊することにして、翌日はもちろん食べ歩き。

で、今回も朝食メインで回ることにしたのだが、このところ青山~表参道近辺が多かったので、今回は代官山をぶらぶらすることにした。

まず行ったのは、蔦屋と隣接している IVY PLACE 。

P1070410

ここでは、パンケーキも食べたかったが、現状いろんなお店のタルティーヌを食べてみたかったので、フツーツのタルティーヌを頂くことに。

せっかくだったので、本日のスープ=グリーンピースのスープも頂いてみた。

P1070399 P1070406

バナナのキャラメリゼが、ちょうどいい感じで、チーズやココナツとの相性も良好。

Verdi のキャラメルバナナパフェのバナナは、けっこう強くキャラメリゼして、バターや洋酒の香りもつけているが、こういうシンプルなのもいいなぁ、と思った。

ただ、カンパーニュが今まで食べたタルティーヌの中では、最も厚く、やわらかいバナナに対して、ちょっとパンが主張しすぎかな?とも。

でも、なかなか良い朝食(その1)であった。

.

最初の朝食をとったら、ぷらぷら歩いて、ビール屋さんで朝食その2。

P1070419 P1070420

SPRING VALLEY BREWERY へ。

特に大通りに面しているとかではないのだが、こういうところで、こういうビジネスが成立するというところに、東京という巨大な街のすごさを感じる。

外人さんや、地元の若い主婦で、朝からにぎわっていた。

ここでも、タルティーヌを頂いたのだが、なんとなくケールのスムージーにも惹かれて。

P1070412 P1070413

左:タルティーヌとスムージー 右:アップで

サーモンとクリームチーズ、オニオン、ディル、くるみ。

王道とも言うべき組み合わせに、バジル風味のソースがアンダーでついてきて、これがなかなか良いインパクト。

美味しく頂いた。

セットで珈琲もついているのは、一般的には嬉しいのだが、個人的にはいらなかった。

でも、東京の珈琲にしては、まだ比較的深めの焙煎で、飲みやすい珈琲であった。

P1070416

.

朝食(ほぼ時間的にはランチになっていたが)3食目は、以前に珈琲だけの利用をしたこともある Urth Gaffe

ここにきて、やっと助っ人が登場!

できれば、朝一から胃袋隊を帯同したいところだったが、やはり平日の朝って、みなさんお忙しいもの。

私にとっては、3食目の朝ごはんではあるが、相手にとっては、フツーにランチ。

まぁ、そんなわけで、パニーニを2種類注文して、シェアして頂いた。

P1070422 P1070426

左:ターキーのパニーニ 右:ポータベラパニーニ

ターキーは、そのままズバリのターキーに、チーズがはさんである。

添えられた、マスタードペッパーマヨネーズが、なかなかいい感じで、美味しく頂いた。

P1070423

ターキーパニーニのパンの下は、こんな。

ポータベラは、野菜とマッシュルーム。

軽くグリルされたパプリカと、肉厚のマッシュルームは、ベジサンドと言えども、なかなか食べ応えあり。

P1070428 P1070429

珈琲は、以前に飲んだことがあったので、今回は、ティーラテを頂いたが、可愛く絵をかいてくれた。

P1070424 P1070425

パニーニを食べ終えて、時計を見たら、もうお昼の12時を回っていた。

今回は、珈琲店も回りたいし、新宿に新しくオープンしたルミネの新店『NEWoMAN』も、見に行きたかったので、代官山を後に、自由が丘方面へ向かった。

つづく

ギターの音色に

2016年4月22日 

昨日、今日は、東京へ行ってきた。

今回は、食べ歩きがメインの東京行きではなく、コンサートを聴きに行くことが第一の目的。

そんなわけで、昨日はお昼に京都を出て、コンサートが行われる池袋へ向かった。

開演までに、少し時間があったので、学生時代の後輩に連絡を入れて、ちょっとお茶を

P1070394

ガトー ショコラと珈琲。

池袋近辺は、わりと学生時代の友人が働いていたりする。

SNS などを通じて、普段からやりとりとしていると、たまに会っても久しぶり感は乏しいのだが、直接会って顔を見て話をすると、ネット上でのやりとりでは感じないことが伝わってくる。

スマホの普及で、「つながる」という言葉が氾濫しているが、私はけっこう古いタイプの人間なので、やはり文字だけの付き合いではなく、顔を見て、声を聞いて、対話をしたいと思うもの。

嬉しいひとときであった。

P1070395 P1070397

コンサートは、自由学園 明日館でのサロンコンサート。

クラッシックのギターを生で聴くのは初めてだったが、とても素晴らしいひと時であった。

コンサートの後は、打ち上げにも参加させて頂き、演奏者の方ともお話ができたのだが、今年は京都でもミニコンサートを開催されるとのことで、また機会があったら、ぜひ聴きに行きたいと思った。

で、今日は、朝から例によって食べ歩きをしてきたのだが、またそのあたりは日曜日の夜に。

新緑

2016年4月22日 

こんにちは、土田です。

今日はよく降りましたね。
明日は九州地方含め、全国的に回復に向かうとの予報。

熊本地震で被災された方の心情が僅かでも快方に向かうよう祈るとともに、自分にも出来ることがあるはずと考える日々です。

 

image

 

image

 

image

 

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

image

 

Processed with VSCO with c1 preset

この場所から見上げる景色で、いつも季節の移ろいを実感します。

毎日のように通っているのに、ある日突然葉っぱが生えてきていることに気がつきます。

音もなく、とは本当によく言ったものです。

日中は半袖でも過ごせそうな陽気になり、最低気温も10度を上回ってきました。

季節の変わり目、体調管理に気をつけたいところです。
皆様もお風邪などお召しになりませんように。

 

 

購買意欲

2016年4月20日 

今日は水曜日なので、本来なら店長の土田が日記を担当するはずなのだが、明日の夜は私が日記を書けないため、今日と明日を入れ替えてもらった。

そんなわけで、土田ファンの皆様、ごめんなさい。

 

先日の連休は、二日続けてレイトショーで映画を見に行った。

初日は、『スポットライト』、二日目は『獣は月夜に夢を見る

IMG_2523

どちらも、スカッと爽快!って感じの映画ではないが、個人的には、けっこう楽しめた。

今シーズンのロードショー、わりと見に行きたいものが多く、他にも数本見たいと思っているのだが、なんだかんだ言って、次に見に行くのは『名探偵コナン』のような気がしている。

さて、今日は私の自宅近所に、新しくスーパーマーケットがオープンした。

昨日プレオープンがあったので、早速昨夜のうちに下見に行ったのだが、夜の9時過ぎとは思えない盛況ぶり。

何気に、私の自宅近辺は、スーパーがなくて、我が家の日常の食料などは、仕事の後に店の近所のスーパーで買って帰るか、車でカナートまで出かけるか。

徒歩や自転車で行けるお店がなく、ちょっと不便であった。

そんな地域なものだから、けっこういろんなスーパーへ行ってみたりするのだが、入って買い物かごを手に、店内を回ってみて、「よし、買おう!」と、テンションの上る店もあれば、なんとなく買いたい気分にならない、テンションの上がらない店もある。

店が暗かったり、陳列棚がスカスカだったり、なんか整然としすぎていて、起伏がなかったりすると、買いたいと言う気分にならないものだが、明るく清潔感がありつつ、どこか崩れているというか、メリハリの効いた棚作りだと、つい商品に手が伸びてしまう。

今回自宅の近所にできたスーパーは、そういう意味で言えば、わりと購入意欲の湧くお店かもしれない。

考えてみると、これは、スーパーに限らず、どんな業種にも言えることで、ついお金を使ってしまうお店と、財布のひもを引き締める店があるわけで、Verdi も、いろいろとスーパーから学ぶべきことが少なくない。

もっとお客様のテンションが上がるお店にするには、どおうすべきか、けっこう考えている今日この頃。

てなわけで、明日は土田の日記です。

ご褒美で

2016年4月19日 

今日は、第三火曜日だったので、お店は休み。

いつも通り、朝のウォーキングをして、これまた日課の体重測定をしたら、ずっと57キロ少々で足踏み状態だった体重が、やっと56キロ前半まで落ちていた♪

そこで、今日の昼は、自分にご褒美ってことで、何か美味しいものでも食べようと思い、ちょっとインド料理も考えたが、せっかくここまで我慢したので、インド料理はパスして、寺町二条まで歩いて行って、ブションでデジュネを頂くことにした。

実は、この春から、ブションの厨房に、松井シェフが入っていらっしゃるので、一度行かねばと思っていたので、丁度良い機会であった。

P1070366

せっかくだったので、ランチではなく、メニューを頂くことに。

メニューだと、タプナードとオリーブが出てくるのが嬉しい。

P1070369 P1070371

まずは、ムール貝のスープ・サフラン風味を頂いた。

濃厚な味わいのスープに、ムール貝がたっぷり入っているのだが、軽く火を通されたレアなムール貝は、食感も面白いが、ねっとりとした甘味が口の中に広がり、今までに頂いたことのない美味しさ。

早速、松井シェフにヤラレタ感。

P1070376

メインは、京都ポークのロースグリエ。

ハーブの風味豊かなグリエは、ポークの旨みがしっかりと楽しめる、至福の一皿であった。

P1070378

ここでデザートを頂くときは、ショコラのムースか、ガトー・オ・ショコラを注文することが多いのだが、今回は久しぶりにクレーム キャラメル。

最近、柔らかさとか、口どけばかりが優先されることの多いプディングだが、この、しっかりとしたクラシカルさがいい感じ。

しかし、ちょっと調子に乗ってしまったので、今日はカロリーオーバー。

明日から、またダイエット頑張ろう!

.

店名:ブション
住所:京都市中京区寺町通二条榎木町1-1
電話:075-211-5220
営業:11:30~14:30 17:30~21:30
木曜定休
Web :http://www.bellecour.co.jp/bouchon.htm

このページの先頭へ